よく考えよう

アクセスカウンタ

zoom RSS 越年に当って

<<   作成日時 : 2007/12/18 18:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2007年の一年を通じての言葉が「偽」清水寺は書きました。
それを受けて福田総理は来年を「信」の年にしたいものだと言っています。
両者は表裏の関係にあって、総理は偽りが無いと信じたいという願いなのでしょう。
前者は今年の出来事全て振り返って何と「偽」という言葉に相応しい事件の多さに嘆息が聞こえるような、日本中全てのジャンルに亘って偽りの多い1年だった想いがこもっています。

「信」は人格の基本です。
信を得る為に、我々は日々徳を磨いています。
人から信用をされない事に我々は日々悲嘆に暮れています。
悲しむ前に自分を冷静に見詰めたいものです。

それが朱子学で言う所の人生訓である「敬」の実践に他なりません。
それでこそ仏教で言う所の4無量心で6波羅蜜を実践できるというものです。
来年はどうすれば信頼される人間になるか腰を落として考えていきたく思います。
それこそがこの21世紀に1番求められている事だと考え、筆をとりました。

19世紀に少し流れを速めた科学は20世紀に2つの大戦を経て大きく加速しました。
世紀を超えた今、その潮流は止る事を知らず、人の知覚から見れば爆発的に速まっています。
お陰で、我々人類の姿が悉く解明され始めたように肌で感じられます。
殊に最近の神経科学の進歩は目覚しく、我々自身を動かしてくれるオペレーションシステムとしての全貌を想像できる程に研究成果が進んでいるように見受けられます。

先ずは、OSである心の全貌が想像できる程に私の理解の範囲で書き進める覚悟です。
そして、そのOSにどういうソフトウェアを載せれば良いのかに言及しましょう。
そのソフトウェアがOSのどの性質に対して、どう働きかけていけば望まれる価値創造に繋げていけて、この21世紀が輝ける時代として歴史に残り得るかを考えていきたく思います。
先ずは、脳の話から始めましょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
越年に当って よく考えよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる