よく考えよう

アクセスカウンタ

zoom RSS 愛着のスタイル

<<   作成日時 : 2008/01/15 10:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

その中でも安定・不安・回避という愛着のスタイルは我々の人生に大きな影響力を持ちます。
「不安」型は、前側頭極(悲しい時に活性化する部分)や前部帯状回(情動が燃上る部分)や海馬(記憶を司る部分)等の領域に活性化が見られ、意識的に努力しても人間関係に不安を抱くこの神経回路を遮断できず、強迫的な不安感が脳の意識的な働きを上回っています。
この型では恋愛においてそれ以外ではできる場合もあるのに理性的に対応できない。
対照的に、「安定」型は、他の事を考えると、直に前側頭極が発信する苦痛の信号を鎮める働きをもつ眼窩前頭皮質が活性化して悲しみを鎮めてしまうので不安感が解消されます。
「回避」型は、心を動揺させる思考を抑制する際に活性化する帯状回を遮断できず、自分が苦痛を感じない為に他人と心を深く結ぶ事を避けようとします。
脳が健全に発達すれば、安定型の愛着スタイルを持ちますが、様々な環境要因、主に不健全な原初的会話や幼児虐待等によって不安もしくは回避型の愛着スタイルを持ってしまいます。
そこに、ナルシシスト・マキアベリ主義者・反社会的人格障害者の生れる原因になります。全ての犯罪者達はこれら三者から生れるといっても過言ではなく、彼らに共通する事は他者と共に幸せを得ようという気持を持てないという事です。彼らは自分だけの快楽を求め、共感能力に欠けるので他者の痛みには目を向けようともしません。脳の部分的欠損によってなったものは仕方無いとしても、彼らに安心できる居場所を与え、それを自覚させると共に自身の自由な空間を構築する教育手段の開発が待たれます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
愛着のスタイル よく考えよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる