よく考えよう

アクセスカウンタ

zoom RSS 良き社会生活を送る為に

<<   作成日時 : 2008/01/15 10:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

もう1つの問題は安定型の愛着スタイルを持っていて、ナルシシスト・マキアベリ主義者の仮面を被る存在です。
というのはナルシシズムというのは、自己評価を最高にするという事ですから、それに陶酔する姿は本能的なものでもあります。
又、近年のマーケット至上主義において、熾烈な競争に打勝つ姿はマキアベリ主義者と重なるものが多く見受けられます。自由と人権を高らかに謳い上げる米国が世界で一番地球温暖化に悪影響を撒き散らしているにも関らず京都議定書に賛同しない姿はマキアベリ主義者その者です。即ち、安定型でこの姿を露呈している人々は、世の中でリーダーシップを発揮している成功者に多いので、リーダーシップに関る哲学を再構築する事が我々の課題となります。
しかし、他者を犠牲にする場合、他者に被害を負わせ、共感して得られるはずの恍惚間は得られません。
ふと、ディッケンズ著「クリスマス・キャロル」の主人公スクルージーの姿を思い浮かべます。
初老の商人で、冷酷無慈悲、エゴイスト、守銭奴で、人間の心の暖かみとか愛情などとは、まったく無縁の日々を送っている人物スクルージーが三人の精霊によって、過去・現在・未来のクリスマスを見せられ、過去では自身の未来に希望を抱いている自分を見せられ、現在では他の場所で自分を呪い恨む人々を見せられ、未来では悲惨な行末を見せられた結果、周りの人々に共感を示す生き方に人生の舵を切るという筋書きの小説を読まれた方は多いように思います。
もう1つの問題に発達障害があります。
彼らは何等かの障害で脳が健全な発達ができずに全く別な世界を創っています。
よくしたもので、脳は障害で使えない代りのものを用意しています。
世界最先端の科学をリードしている人々にこの発達障害を持った人が多い事がその証左です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
良き社会生活を送る為に よく考えよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる