よく考えよう

アクセスカウンタ

zoom RSS 奮起しよう

<<   作成日時 : 2008/01/16 09:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日のニューヨークダウジョーンズが277ドル下げた。

一寸、底割れた感覚だ。

サブプライム問題に火がついたという印象だ。
自国で金融緩和措置をどんどん実行したのが昨年の夏であった。
昨年秋以降にオイルマネーや中国マネーを注入したが未だ足りず、日本も資本を入れる事になった。

米国における負の連鎖は止まる所を知らない。
借金経済は40年近く年季が入っている。
米国国民は不動産担保借入に止まらずクレジットにどっぷり浸かっている。
回っている内は良いのだが、今回の米国金融界の症状は回らなくなったという証に他ならない。
行き着く所まで行ってしまわなければ止まらなくなっている。

戦前の世界恐慌の状態にはならないだろう。
オイルマネーを筆頭に世界は金余り状態にある。
世界恐慌時には金は無かったからどうしようもなかった。
失われた10年と言われた時代のように米国がなるだろうという事だ。
当時、未曾有の不況にも関らず日本には個人資産があり、その役割を浮遊マネーが果たすという訳だ。
異なるのは国内にあるのと国外にあるのとの違いだ。
日本は大企業が景気回復で湧いた裏に個人資産の目減りがある。
他国からの資本注入ではこういう訳にはいかないだろう。

兎に角米国は深刻な肺炎に掛った訳だ。
米国の消費に支えられた中国やインドはもう1つ深刻だ。
昔日本でも、米国がくしゃみすると風邪をひくと言われたが雅にそういう状態だ。

日本ほど潜在成長力を持った国は無いと信じる。
官僚を始とする既得権益を守ろうとする力が国を危うくしているだけなのだから。
今こそはっきりと目を覚まし、立場に応じて奮闘しようではないか。

これを書いている間に日経平均は350円下げている。
奮起しようではないか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
奮起しよう よく考えよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる