よく考えよう

アクセスカウンタ

zoom RSS 暗黒の木曜日の予感

<<   作成日時 : 2008/01/20 09:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

FRBのバーナンキ議長の試算によるとサブプライムローンによる焦付きは10兆円を超え、更にそれが10倍に膨らみかねないと観測を述べた。
雅に20年前の日本のバブル崩壊を髣髴とさせる。
日本における問題はバブルのみであったが米国の悩みは深い。
対テロとの戦いで始めたアフガニスタンとイラクでの戦線は第2のベトナム戦争と化そうとしている。
それもあって双子の赤字は加速度を以って拡大している。
これはニクソンショック以来続いている慢性病だ。
数10年掛けて米国は大きく体力を減じていると言わねばならない。
紀元2,000年前に手を出してはならないマネーに力を入れ、ここ10年強は繁栄を謳歌したかに見える。
金融は金利を産むのみという原則を忘れてはならない。
それも産業活力を殺がない金利水準でという条件付だ。
それ以上の金利を貪った者達は打壊しとか徳政令とか痛い目に合う事は歴史が証明している。
その禁を奥の手で出して崩壊したのが今回のサブプライム問題に他ならない。
要するに米国は病んでいる事を認めない為にここまで傷口を広げたと言えよう。
その実態を示しているものが自動車産業の盛衰に現れている。
米国繁栄の基礎は自動車産業が創り担った事実は否定する人は居ない。
40年前には1ドル360円であったにも関らず、自動車自由化論議に沸いたものだ。
米国がくしゃみしたら日本は風邪引くとも言われたものだ。
それが本年はトヨタがGMを販売台数において抜くと言う。
時代の変遷に吃驚してしまう。
これから米国の行く末はドル安であろう。
ドル安は輸入品の価格上昇となって跳ね返って来る。
米国においては最も忌み嫌われるスタグフレーションが始まるという訳だ。
魔の木曜日は何時か。
カウントダウンは始まっている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
暗黒の木曜日の予感 よく考えよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる