よく考えよう

アクセスカウンタ

zoom RSS 橋下次期大阪府知事に期待する

<<   作成日時 : 2008/01/30 17:27   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

大阪府の財政赤字が5兆円を超えるという。
この問題に取組むのは半端ではない事は確かだ。


大阪府の歳出規模は大体4兆円位であろうか。
その3割が人件費だ。1兆2千億円という所であろうか。


橋下氏は、破産組織の従業員という事で人件費の削減を打出している。
しかし、単純に削減というのは士気の低下を招き良くないかもしれない。
只でさえ、仕事になっていないのが公務員という実態なのだ。
保身のみを考え、退職後の天下り先まで画策している現状で士気の低下は地獄の釜を開けるようなものだと言わざるを得ない。


そこで1つ提案だ。
原則2割カットするのだが、それで浮いた資金を褒章費に割当てるという仕組だ。
税収の実質向上・経費削減・行政効率化・府民満足レベル引揚げ等の提案制度を設け、それに対して提案に有望なものに限り褒賞を割当てるという事だ。
大部分の府職員は2割カットになると考えられるが、具体的提案したものは1億円支払う場合も出て来る訳だ。
全ての職員が問題意識を持ち、考えるだけで大きく府政は前進すると考えるが如何なものだろう。


3年位すれば累積債務解消の目処が立つのではないだろうか。
これは公務員制度全般に使える手法と考える。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
TBいただきました。
 ただ単に公務員の給与を減らせばいいという考えに比べれば、格段に素晴らしいお考えですね。
 でもあえて別の観点からひとつ。人はみな、成果のみで動くものではありません。民間でも、特許料のうち自分の取り分をもとめて訴えた社員もいれば、地道に会社で研究をして満足している社員もいます。公務員にとってどのような方向性が最善かは結論付けるのが難しいですが、いろいろな方向性で考えたほうがいいかと思います。
M.FUKUSHIMA
2008/01/31 20:47
難しいことはさっぱりわかりませんが、橋下知事さんって何かやってくれそうでつい期待しちゃいますね
東国原知事さんのように、庶民の目線で、頑張ってやっていただきたいです・・
風子
2008/02/01 10:14

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
橋下次期大阪府知事に期待する よく考えよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる