よく考えよう

アクセスカウンタ

zoom RSS 捻れ国会の功績

<<   作成日時 : 2008/02/04 13:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

参議院第1委員会室で予算委員会が補正予算集中審議を行っている。

民主党の櫻井充議員と蓮舫議員が質問に立った。

両議員共に舌鋒鋭く衆議院を通過したはずの平成19年度補正予算における不備を突いた事が印象的であった。
態々はずのと書いたのは衆議院で十分に審議され可決されているはずだからだ。
それを舌鋒鋭く責められるという事象は捻れでない粗1党独裁に近い状態では如何に国民に不利益であっても、圧倒的多数で通してきた事実を物語っている。
選民としての意識を強く持たねばならないと改めて強く感じた次第だ。


櫻井充議員は医療現場での危機を訴えて道路に使う予算を回すべきとの指摘だ。
健康保険会計が赤字なのにかこつけて削減し易い所から減らした結果、歯科技工士が居なくなっているそうだ。結果的に歯科技工士の高齢化が進み、彼らの定年後に不足するという危機に陥っているという話だ。その内歯もおちおち替えれなくなりそうだ。
鳥インフルエンザ対策が世界各国の中で立遅れていて危機にどうするのかというのもあった。


蓮舫議員は社会保険庁の問題を取上げた。
相変わらずお役所仕事だ。
予算を消化するという親方日の丸意識丸出しだ。
社会保険庁長官も大臣なのだが大臣答弁になっていない。
まるで官僚の代弁者に他ならない。


福田総理に至っては答弁もしないで「法案を通して下さい」だ。
確かに衆議院で通過した予算案は参議院では否決されても差支えは無い。
しかし、言論の府において納得のいく答弁があってこそ内閣支持率も上がるというものだ。
今の福田総理は内閣支持率は下がるに任せるらしい。

これではしたくなくても民主党を支持する他ないではないか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
政情を想う
一時たりとも休もうとしない政治情勢に想いを馳せる過去記事を以下に載せる。 ...続きを見る
よく考えよう
2008/12/03 09:42
政情を想う
一時たりとも休もうとしない政治情勢に想いを馳せる過去記事を以下に載せる。 ...続きを見る
よく考えよう
2008/12/03 09:43

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
国会では歯科技工士問題を民主党が政府を追及してますが、三重県では県政与党の民主系会派新政みえが、県立の技工士養成学校の廃校を決めました。
捻れは国会だけではなく、民主党でも捻れてます。
ライオン
2008/02/05 16:22
技工士の立場からの見解ですが、技工養成学校が廃校になったのは技工士のなりてが少なくなったり卒業しても低賃金で就職もできないような実態のためだと思います、理由は桜井先生がお話したように安く技工物を作らせる為に低賃金の海外に出しているようなことも原因だと思われます。これでは技工士がいなくなります。歯科医療全体で考えていかなくてはいけない問題だと思います。
のろまなカメ
2008/02/10 12:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
捻れ国会の功績 よく考えよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる