よく考えよう

アクセスカウンタ

zoom RSS 成功の条件 : 運・鈍・根

<<   作成日時 : 2008/02/11 11:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

成功した人の言葉で一番多いのが「運・鈍・根」という言葉であろう。

人間と言う生物は、というより哺乳類という生物は眼窩前頭皮質で人の眼窩前頭皮質に繋がっている前頭葉・偏桃体・小脳等の主要な脳の部分の働く方向をよみとるように出来ている。

それで敵が攻撃してくるのに瞬時に反応して反撃が出切るのだ。


だから人間は前頭葉が指令を下す前に大抵の行動を起してしまう訳だ。
どうしようもないのかと言えばそうでもない。
何事が起きても暫し待てというサインを前頭葉から発していれば良い訳だ。


これが難しい。
運・鈍・根の鈍を鈍でない人が態とやる訳だから。
そして、見て見ないと言う境地でやっと出切るものでもあろう。


「空」という言葉がある。
あの般若心経の色即是空、空即是色の空だ。
誠に厄介な言葉でもある。
感じる事ができるものを「色」と言う。
「いろ」だけであれば、見ると言う目だけの話になるのだが。
5感だけではなく第6感も含めて「色」を考える必要がある。
そういう意味での色を見ても取合えず反応しないという世界を「空」の世界だろうと思う。


そこまで来ると初めて鈍が実現できる訳だ。
運・鈍・根の内で自身の行為でできるのはここまでだ。


しかし、運も良く考えれば空が実現していれば良く見えてくるだろうと考える。
見てばかりいると、見なくて良いものがどんどん見えて、肝心なものがお留守になる。
何か今の情報の話のようだ。


本当に得なければならない情報を見つける為の極意かもしれない。


根だってそうだ。
空だから根が続くのかも知れない。
色であれば中々続かないだろう。
色んなものが違って目に入るわけだから気が散ってしまってできるものもできない。


運・鈍・根が成功の元と言うけれども中々ね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
成功の条件 : 運・鈍・根 よく考えよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる