よく考えよう

アクセスカウンタ

zoom RSS 感動と言う事

<<   作成日時 : 2008/02/11 15:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

NHK総合で「祝日ワイド」として午前中から3部編成で昭和の古い映像を紹介している。

色々懐かしい映像が続くのだが、テレビというものがある事を知って驚く子供達が居る。
驚いて、山村にある子供達はテレビを欲しがる。
そして本校に掛け合った結果、分校にテレビが来ると言う奇跡が起きた。

そのドキュメンタリーを見て感じる事は「感動」という事だ。
今、この感動と言う当り前の感情が失われている。
様々な殺人事件を引起した動機を聞いていると、自己中心な考えが殆どだ。
そこには何の感動も見当たらない。


テレビの到着画面が出た。
喜ぶ事、喜ぶ事。
こんなに人間喜ぶものだろうか。
弦楽四重奏であろうか、教室で演奏会を中継で見ている画面が出てきた。
そこでは子供達が演者の手真似をやっている。
見た侭を真似ている。
このブログでも人間は真似る動物と何回も書いたが、真似るとはこういうものと感慨を深くした。教室の窓で父兄が仕事もしないで教室を覗いている姿にも懐かしさを覚えた。

もう1つは、ドキュメンタリーでは子供がテレビで習ったと言って船を作る場面があった。
船を1度も見た事のない子供がである。
翌日学校にそれを持っていくと他にも船を作った子供が居た。
夫々に感動したという事だろう。
こういう切欠で芸術家が生れるのだろう。


人間は何時から感動を覚えなくなったのだろうか。
我々の生活は日々マスメディアから排泄される喧騒とした宣伝に毒されている。
我々の5感は働かなくなったのかも知れない。


人から示される好意に対して、喧しさに慣れた神経は感動を覚えなくなったのかもしれない。
ノスタルティクな風景や音が当時の世界に連れ戻してくれる。


今の若者はあの世界を知らない。


我々は何をしてきたんだろう。
過去へ何を忘れてきてしまったんだろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
純粋な気持ちになりたいですね。
長田ドーム  NAGATA   DOME...
2008/02/11 16:30
前頭葉のみで受取りすぎている今日この頃、偏桃体が働かなくなっているのかも知れませんね。
hbar
2008/02/11 17:12
感動するって本当いいことだと思います
何事も、感動があるから持続できるってこともあるし・・
小さな感動でもなくしたらいけませんよね・・
風子
2008/02/11 21:20
感動する心、忘れたくないですね。
いつも心をまっさらにし、純粋に受け入れる心。
アクテイブに反応する心。
あふれる情報の波の中で、アップアップしているかの
ような現代人。いつしか感動する心をどこかに置いてきて
いるのかも知れません。
いつもばらいろ
2008/02/12 22:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
感動と言う事 よく考えよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる