よく考えよう

アクセスカウンタ

zoom RSS 応援歌その1(人事構想こそ経営の華)

<<   作成日時 : 2008/02/17 10:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

橋下知事大忙しだ。
38才という若さがこれほど頼もしく見えたことは無い。
それも、ご自身で府職員に向って「破産会社の従業員だ」と言放ったのは見事という他無い。
富貴は志を蕩し、貧餞は志を堅くするという言葉があるが、改めて志の大切さを知った。


5兆円の赤字をどう解消するかという基本命題に向合うと言う志は見上げたものだ。
言っただけでなく、是非貫徹して欲しいものだ。


その時に、何を考えるかというのは私等が言う事ではなく、偉い人が言うべきなのかも知れないが、恥を忍んで言わせて頂く。
先ずは、仕事は人がするものだと言う基本認識から入らせて頂く。
詰り、人の仕事の問題だ。
要る所には要るのが人に他ならない。

暫定予算を組むのに0ベースで組んだという話だが、要らない部署には減じる態度で臨んで頂きたい。
先日、知事が出ていたテレビ番組で生活保護の話題が出ていました。
あの議論は不正受給問題でしたが、元々生活保護の目的は再起支援に他なりません。
夢破れて、志の費えた人の再起には莫大なエネルギーが要ります。
この部分には大きく人が必要でしょう。
又、農薬入りの冷凍餃子や耐震偽装等の問題に対しては人海戦術しか無いのでしょう。


要る所に人を回す為に削減できる部署は最大スリムにしなければ人件費は増大必須です。
要る所に回して生活保護者が受給者から納税者に代わるだけで財政は大幅改善するでしょう。
次回は中小企業対策に移りたい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
問題解決のための2つの処方箋(格差問題はどう考えればいいのか:最終回)
お上(おかみ)に全く期待していないのに それでもお上に救いを求めるアンビバレンスな感情。 それは、過度の個人主義に陥ったことによって 人との絆がなくなり、地域に根ざしたコミュニティが 崩壊してしまったことによる「行政需要の増大」を意味していた。 ...続きを見る
途転の力学
2008/02/18 20:20

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
応援歌その1(人事構想こそ経営の華) よく考えよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる