よく考えよう

アクセスカウンタ

zoom RSS 生体内で活躍する3つめの鎖

<<   作成日時 : 2008/02/03 09:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

昨夜半に放映されたサイエンスゼロという番組で糖鎖の紹介を受けた。

専門家でない者にとって耳新しい事象が目立った。

最初のプロローグとして取上げたのが血液型だ。
血液型の違いは赤血球に連結している糖鎖の形状の違いによるものと言う事だ。
付いている糖鎖の先端にある単糖の違いで血液型のAとBが決まり、その両タイプが付いているものがAB型で、先端の糖が付いていないものがO型だと言う。

血液型が異なれば拒否反応を起こす仕組はA型の単糖はB型の単糖を受入れるレセプターを持っていて両赤血球が結合し固まるからだと言う。

人体の殆どは水であり、その他にDNA・蛋白質・糖鎖の3つの鎖で作られている。
この糖鎖は8つの単糖が鎖状に繋がった組成を持ち、蛋白質や脂質と連携して糖鎖を組織している。
この糖鎖の役割は甚大でセンサーの働きをしているようだ。


詰り、細胞間の連携や健康に役立つ免疫機能を実現している。
癌を始としてありとあらゆる病気と呼ばれるものが克服されそうだ。
自閉症まで関連すると言うから驚きだ。


海藻に含まれるフコースは免疫系に重要で、癌の成長転移を阻害、気道感染症治療をする。キシロースは殺菌作用、病原体・アレルゲンの結合阻害作用を持ち、N-アセチルグルコサミンは変形性関節症治療、グルコサミノグリカン形成、癌抑制 (グルコサミンとしての評価)に効くようだ。
アロエに含まれるマンノースは免疫系に重要、マクロファージ活性化、細菌感染阻害、糖尿病治療、抗炎症に効能があるようだ。


いやはや海藻とアロエは食べなければならないようだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
海草とアロエが体にいいとのこと。アロエは、食用になるように大きく育てているので、時々、さしみのようにして食べていますが、海藻類は、わかめの味噌汁だけでも毎日食べるようにしたいと思います。
楽夢大喜(kitasun)
2008/02/03 14:15
はじめまして。トラックバック記事有難うございます。
海藻が身体に良いと何と無く思っていますが、こう医学的に
具体的に説明されると、説得力がありますねえ。
グルコサミンは腰痛、膝痛に効果があると聞いていましたが、
海藻に含まれているとは知りませんでした。
アロエも然りです。
新しい知識を得て得した気分になりました。
いつもばらいろ
2008/02/03 22:01
トラックバックでこちらお邪魔しました!
糖鎖はもっと注目すべき所だと感じております。
私は6年前ぐらいからマナテック社のアンブロトースと言うサプリメントで、
糖鎖をいち早く研究して出来たものを飲んでおります。
これはすぐれ物と言うか!素晴らしいです。
沢山の命を救っています!
糖鎖の研究が進んで行くことを望みながら〜。
感謝
GO2
2008/02/07 10:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
生体内で活躍する3つめの鎖 よく考えよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる