よく考えよう

アクセスカウンタ

zoom RSS 子供はのびのび育てよう

<<   作成日時 : 2008/03/05 07:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日は我がサークルのメンバーおかあしゃんのブログを11、12月分だけ読んだ。

おかあしゃんは8才のアスペルガー症候群と診断された娘さんを持っています。
ブログを読んでいると、余りアスペルガー症候群の症状が出ていませんが良くありません。
ご本人は良いように思っていますが、実はおかあしゃんの鬱病に合せているだけです。
私も発達障害が子供の頃目立ちませんでしたが、それは抑うつしていただけでした。
抑うつと言う事は発達が遅れるという事で良くはありません。


どういう事か言いますと、おかあしゃんが鬱病で大変な状態に合せているのです。
合せていれば良いじゃないかと思われるでしょうが、健常児なら良いがアスペルガー症候群障害児の場合は合せる事事態が単純学習の結果起こる訳ですから勘違いしてしまいます。


兎に角、鬱病を克服して下さい。
なりたくってなってる訳じゃないのに克服は無理だと思われるかも知れませんが、母は強しを発揮して下さい。
当然、今掛られている心療内科のドクターと相談の上で対策を練らねばなりませんが、ブログを見せて頂いて鬱病の原因はお母さんとの確執とそれに因を求める肥満が慢性ストレスを作ってストレス因子の糖質コルチコイドがセロトニン受容体の働きを鈍くさせているからと思います。素人療法は良くないので、お医者さんに良く聞いて対処してくださいね。

先ず、肥満対策ですがトリプトファンを摂る為に肉類を増やして下さいね。
それとビタミンB6も摂れば、セロトニンの材料が揃います。
肉類を摂れば、満腹感が出て食事量が減りますよ。
我慢して、空腹感に我慢が出来ず間食につい手を出すのが肥満の大きな原因です。

セロトニンを作ってくれるウォーキング等のリズム運動もお勧めです。
1、2と掛声を掛けてやると良いですよ。


もう1つはお母さんに感謝する気持ちを持つ事です。
どうすればというのは掲示板で聞いて頂ければ相談に乗りますが、お医者さんに掛っているのですから相談されたら如何ですか。
こちらから積極的に聞けば、お医者さん良い考え聞かせてくれますよ。
お医者さんの方から言っても患者さんは反発するから言わないだけです。


兎に角、おねえちゃんが気兼ねせずすくすく育つ環境を作る事です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
子供はのびのび育てよう よく考えよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる