よく考えよう

アクセスカウンタ

zoom RSS 自身を冷徹に見据える目を養おう

<<   作成日時 : 2008/03/11 11:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

サークルのメンバーぷくぷくさんのブログを訪ねた。


2人のお子さんのママさんだが、下の坊ちゃんが発達障害の疑いがあるという事で盛んに研究されていて、以前ABA(応用行動分析)に興味が出てきましたというブログを訪ねて、ABAに独断と偏見で思っている事を書いた。

書かれている内容を見てみると、確かに坊ちゃんは発達障害の可能性が高そうだ。
受診した言語療法士の言では「頭はいいんだと思うけど、社会性がおくれてるんだよね。こういう子は将来オタクになるんだよ」と言われている。

オタクになるならオタクになれば良い。
アインシュタインもビルゲイツも山下清も皆オタクだ。
何を隠そう、私も一種のオタクには違いない。
何を教えるかとか人間の行動は大脳が支配しているを書く等はそれに関する専門家かオタク以外の何物でもない。

先輩として言いたい事は巧く導くと良いという事だ。
オタクの発達障害児で思いつくのは、車とかSLの名前を止め処も無く知っている人だ。
折角、オタクになるのなれば、有用な事象に導いて上げるのが親の立場だろう。
アインシュタインやエジソン等は良い例だ。


私の場合で言えば、偶々良かったのが5〜6才に掛けて、近所に児童図書館があって、そこの館長さんが為に成る、例えば偉人伝とかを繰返し読み聞かせてくれた事は大きかった。

人間観を育む方向性がそれによって形成されたように思う。


兎に角、良い事を繰返し経験させるという事が大切なようだ。
保護者は子供にとって良い事を見分ける目を持たねばならない。
これが難しい。
大抵、自分のやっている事が絶対だという考え方をするのが人間というものだからだ。
パチンコやギャンブル、果ては麻薬をやっていても、こうやって巧くやると自慢するものだ。
自身を冷徹に見据える目を養わなければならない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
なかなかサークルの方に書き込みができなくてすみません(どこに書いたらいいかとか、自分の中の考えが固まってないとか、いろいろな理由によります)。
確かに、先日行った、発達障害児のための施設へ見学に行ったとき、「普通の幼稚園に入れるか、ここに入れるか、それを決めるのは親しかいません。でも、その判断はきっと1番正しい選択になるはずです」と言われました。う〜ん、責任重大。でも、そういった判断がちゃんとできるように、只今勉強中なのです。
ぷくぷく
2008/03/11 19:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
自身を冷徹に見据える目を養おう よく考えよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる