よく考えよう

アクセスカウンタ

zoom RSS 保護者は感情的にならず向合う態度を

<<   作成日時 : 2008/03/03 11:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

我がサークルmama-iyaさんからトピック悩みに書込みがありましたので考察を紹介したい。

ブログで紹介されているが、先生の人間味溢れる対応が素晴らしい。
全ての子供に対して平等に向合って、対処するというの基本なのだが中々出来無い。
この向合ったものが脳に書込まれて回路となる事を認識しよう。
こういう先生に教えられると、何事に拠らず同じ態度で対応して貰えるので、大脳に長期増幅による回路記憶が創出され、そういう人間性を学べる事になる。


保護者はこれを他山の石として欲しい。
詰り、感情的にならず向合う態度が大切という事だ。
感情と言うのは噴出して来るものだが、これを制御せずに接する事によって発達障害児のパニックが発生していると考える。
保護者は難しくとも努力しなければならない。
分らない事があればサークル掲示板に書込んで頂きたい。
分る範囲で答えようとメッセージを発信したい。


発達障害児は常に涙ぐましい努力している事を忘れてはならない。
折角興味を引いている事があればそれに対して積極的に次々に前進できる環境を整えたい。
脳は縁に従ってしか動かない。
子供には良い縁を保護者が作ってやらねばならない。


それに成功したのがアインシュタインでありビルゲイツ等だ。
苦労はするが、巧く縁を誘導してあげれたら儲けものと言えよう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
TBありがとうございました。
いじめはいじめだけの問題として存在するのではなく、発達障害とかネットモラルの問題とかいろいろなことが混ざり合って起こっていると認識しています。

どんな問題にせよ、「どう対応したら、いちばん子ども達のためによいのか」ってところが大切だと思います。

保護者さんの対応、教師側の対応、とても参考になりました。いつもありがとうございます。
姫先生
2008/03/03 16:13
ようこそ姫先生。
何時も頑張っておられる様子、嬉しく拝見致しております。実際に現場を持たれ、対応をされるというのはご苦労だと思います。又、サークルにもゲストとしてでも書込んで頂ければと思います。
hbar
2008/03/03 16:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
保護者は感情的にならず向合う態度を よく考えよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる