よく考えよう

アクセスカウンタ

zoom RSS 乳幼児広汎性発達障害の特徴

<<   作成日時 : 2008/04/13 15:14   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

講演では特徴としてADHD、PDDの乳幼児は良く泣いてなだめる事が難しく、睡眠障害(眠たくてふらふらになっていても中々眠ろうとしない)を併発する一方、PDDだけの場合全く手の掛らない事もあるという特徴を持つと言う紹介があった。

ADHD、PDDは並べて紹介されているが、全く異なっている。


ADHDは発達障害の範疇に入っているが、1種の精神疾患のように思える。
その根拠は、議論される中で生れた後での経口物が大きく取上げられている事だ。
中でも、2007年後半になって英国で安息香酸ナトリウムと合成着色料の入った食品がADHDを引き起こす可能性があることを発表された事実には目が瞑れず、生後における食品及び薬物による影響の議論を見れば、純然たる発達障害とは一線を画すべきであろう。

只、発達障害の場合感覚器官からの情報が受容体で電気信号となっても、その処理過程で小脳からの支援が受けられない為、その感覚に対して無反応若しくは鈍い実態がある為間違い易いのは事実であろう。


一方、PDDは小脳の能力低下による純然たる広汎性発達障害の内に位置付けられる高機能自閉症だ。

講演では両者共に平等に扱っているが、この稿では高機能自閉症のみ扱っていきたい。


乳幼児の特徴は前の稿で述べたのでリンクを張っておく。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
大変興味深い記事をトラックバックしていただき、ありがとうございます。
続きを読むのが楽しみです。
ミカ
2008/04/14 02:51
先生に教えて頂いた事以外全て仮説です。
仮説と言うより人に対する願いでしょうか。
hbar
2008/04/14 07:37
自分は子供の頃手のかからない子だったらしく妹が元気で暴れん坊?だったので自分が大人しくて楽だったみたいです。でも今でもですけどよく寝る子です。海外ではADHDは障害じゃないらしいですよ。それは認知の差からきててアスペルガーはADHDと違って大人しくしていられるけどルールを理解できない認知できない。でもADHDは幼少時代は衝動的に席から離れてしまったり自分でコントロールできなくて落ち着きはないけどルールは理解できていて大人になるとその衝動性も減ってくるらしいです。ADHDはルールを認知できるから海外では障害じゃないらしんです。だから食料でADHDになるってことは海外ではADHDは後天性しかないってことでしょうか・・・?
a
2008/04/15 12:21
海外で違う事は国内も同様でしょう。
hbar
2008/04/15 13:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
乳幼児広汎性発達障害の特徴 よく考えよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる