よく考えよう

アクセスカウンタ

zoom RSS 発達障害児の学童期における特徴

<<   作成日時 : 2008/04/18 11:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

講演では@容易に注意を逸らす、上の空A注意を保ち続けることも難しいB衝動的であるC感情の表出が苦手、分り難い予想外の感情表出D友人と円滑な関係性を保つ事が難しいE最後まで見届けないと居られない(融通が利かない)と6つの特徴の紹介があった。

要するに回路が出来かかってはいるが、未熟なのであろう。


健常児はミラーニューロンの命じる侭に真似をする事で動作回路を作り、それがリムーバブル領域である小脳にコピーされて、次に引出された時に誤差信号の働きで良質のコピーのみ活性化する。

その小脳が使えない為、何かを切欠にして試行錯誤し乍、長期増幅による回路が論理計算をしながら少しずつ回路を作っていく。

詰り、発達障害者は切欠を基にして回路を効率的に肥大させていくものと考えられる。
その効率的にがカテゴリー区分けを促し、発達障害者の性質を象る。


最適な切欠は母親の温もりに基く愛に他ならないのは前に書いた。

回路造成の途中においては、あるという事は分るがそれを考える対象にできないという事だろう。
それで注意が持続せず衝動的になる原因と推定する。

出来上がった回路を持たない為、自身に沸き起こる感情に対してもはっきりと認識できないし、繋がりの無い感情表出になるのでしょう。
結果的に友人と円滑な関係性を保つ事が難しいのでしょう。

最後まで見届けないと居られないというのは回路造成に欠かせないという事だ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
クロイツフェルト・ヤコブ病やピック病の特徴とその原因
老人期の認知症として問題になるのは、次の4つです: ...続きを見る
医療の最新情報
2008/05/28 09:07

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
「ミカ教授の特別支援教育情報」に
トラックバックをありがとうございます。
ミカ
2008/04/19 07:37
Hbarさんはよく講演に行かれてるみたいですが自分も行ってみたいんですけどいつどこでやってるんですか?お金はかかるんですか?なかなか探しても見つからなくて。探し方がうまくないのかもしれないけど・・・。
a
2008/04/19 12:47
ミカ先生とんでもありません。こちらも随分勉強になっております。
aさんようこそ。
そんなに講演行っている訳ではありません。この記事のトラックバックを見て頂ければ分ると思いますが、この一連の講演は1つだけです。それと全てはご縁次第です。ご縁作るのはご本人次第に他ならず、自身でご縁を作る努力が必要です。頑張って下さい。
hbar
2008/04/19 23:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
発達障害児の学童期における特徴 よく考えよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる