よく考えよう

アクセスカウンタ

zoom RSS 発達障害児の学童期における支援

<<   作成日時 : 2008/04/20 06:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

講演では子供に対して「状態に応じた工夫・分り易い環境を整え、学習の躓きの有無に気を配る」事を推奨している。親に対しては養育者を責めずに、しばしの休息の後に協力の要請を求め、現場に対してはコーディネーターを通じて情報を注入して連携に繋げ、現場でのよりよい対応策の検討(組織的支援)し、次のステップに移る度に適切な情報の移行に留意すると共に、子供の成長を信じて、褒めながら待つという支援策を論じていた。


ここで考えるべきは特徴で述べた健常児と発達障害児の思考方法の違いだ。

全く異なる脳の使い方に対しては特別に教育手法があって然るべきだ。

少しずつ回路を作っていくと述べたが、雑多な情報をカテゴリー化して回路に組込むよりも最初から完成されたものを教えれば論理計算しても直にリレーションシップが成立するだろう。


経験から考えると囲碁と仏教がよさそうだ。

共に数千年の時間を経て、我々の前にあるので無駄なものは削ぎ落とされ必要なもののみ残っていると考えられ、回路造成の効率が上がると考えられる。


それに、日本棋院が東北大学川島隆太教授に囲碁を学ぶ効果について委託研究を依頼した所、小学生低学年を対象とした実証実験を行い認知機能が向上するという研究報告があり、その上何をするよりも前頭前野が活性化すると言う事実がある。



これからの学童期における支援はここらを重視すべきだろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
トラックバックありがとうございます。
沢山の記事を書かれておられるのですね。
徐々に読ませていただきます。
くすのきゆり
2008/04/20 16:14
お楽しみ下さい
hbar
2008/04/20 22:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
発達障害児の学童期における支援 よく考えよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる