よく考えよう

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本版SWFについて思うこと

<<   作成日時 : 2008/04/22 21:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

SWFについて百花騒乱というここ数年だ。
中国だとかアラブ等のSWFが活躍している話を良く聞く。
しかし、日本の官僚が資金運用して儲けたという話を聞いたことが無い。
年金の運用とか損の話しか一般には出回ってこない。


お金に疎いのが官僚かも知れない。
何代困れば税金を徴収すれば良いと考えている連中だ。
今回の後期高齢者医療サービスにしても数合せしかしていない。
国民がどういう反応をするか理解できていない。
それは自身を守ってくれる自民党政権を窮地に陥れた所で全く意に介していないとしか思いようが無い。
銭勘定ができよう筈も無い。


それにしても百兆円の流動資産、利息だけでも馬鹿になる訳は無い。

官僚に任せられないのはお金に疎いだけではない。
無責任体質がその眼目でもある。
何代、年金を徴収しておいてその金額と納付者を好い加減に扱っている連中だ。
お金など任せようも無い。


しかし、それが任務ならという声も聞こえて来そうだ。
その声に応えるのが無責任体質に他ならない。
どういう事かと言えば、責任を取ろうとしない事実が全ての元凶のように思える。
担当が居ても、その担当は無責任ゆえに上司に丸投げして自身は責任を取ろうとしない。
それが連鎖に連鎖を呼んで、担当から総理大臣まで無責任体質を呼んでいる。


金融機関が体質が変らないのも似た所がある。
上から下まで責任を取ろうとしないので、製造業であれば当然の事が出来ない。
官僚はもう1つ始末に悪い。
金融に携わっていればこそ分る事もあるのではと考える。
SWFが現実的で無い訳だ。


外人トレーダーを連れてくる等、訳が分っていない証拠だ。
身動きできなくすれば誰がやっても一緒だ。
自由にさせていてサブプライムローンのような羽目になったら全てに今回の後期高齢者医療サービスだ。
国民に負担させるのみだ。
世界中で日本人が1番責任感を持っていると考えて良い。
それで製造業があれだけの円高を乗切っている。
無責任体質で乗切れる訳は無い。


SWFを検討したければ、そこらの議論を確りやって欲しい。
それが日本の国力を上げる最善の方法だろう。
日本人の識者は志という概念を良く持っていると考えられる。
それを無にしているのは無責任体質に他ならない。


折角お金があるのだ。
輸出産業ほど巧く無くって良い。
自らの出処進退位は心構えとして持ちたいと考える。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
SWFの無駄口
あるブログで、日本版SWFをぶち上げる国会議員の話が出ていたので、与太話に仕立ててみた。 ...続きを見る
バナキュラー・エコノミー
2008/04/23 16:55

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本版SWFについて思うこと よく考えよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる