よく考えよう

アクセスカウンタ

zoom RSS 発達障害の診断をめぐって

<<   作成日時 : 2008/04/29 05:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

講演では広汎性発達障害の診断の困難性について以下の4つに言及した。
○ 注意欠陥他動性障害との鑑別あるいは重複の問題
○ アスペルガー症候群という診断が安易に使われていないか
○ 特定不能の広汎性発達障害と言う診断名はより安易に使用されていないであろうか
○ 統合失調症との鑑別の難しさ
この4つの難しさも問題であるが、保護者に安心を齎す情報に触れたい。
学習障害、注意欠陥多動性障害、自閉症、アスペルガー症候群について発信しているミカ教授の特別支援教育情報で2008.04.14に記載されている「米国小児科学会が自閉症の新しいガイドラインを発表」に注目したい。
2007年11月に米国小児科学会(AAP)は、自閉症スペクトラム障害をもつ小児の発見および対処法について2つの勧告発表にも注目したい。
http://blog.goo.ne.jp/kyouiku-sien/e/d4d36f29d92608127637f4c75ebe7432
米ニューヨーク大学小児研究センターのMellissa Nishawala博士によると、小児の発達には大きな個人差があるとして親を安心させる傾向がある為に、小児が正式に自閉症であると診断されるまでに1年以上を要することもあり、治療に最適な時期を逃してしまうことがあるという。
この報告は医学誌「Pediatrics」11月号に掲載されたほか、サンフランシスコで開催されたAAP年次集会でも発表された。
第1の報告は、自閉症スペクトラム障害の発見方法を詳細に示したもので、下記のような徴候を挙げている:
・両親や世話をする人を見つめるとき、嬉しそうな表情がみられない。
・生後5カ月ごろ以降、親子の間での喃語でのおしゃべりがない。
・親の声を認識しない。親が子どもの名前を読んでも振り向かない。
・目を合わせない。
・9カ月を過ぎても喃語(なんご=片言を言う)が出ない。
・手を振る、指差すなどの身ぶりが少ないか、全くない。
・反復的な行動がある。
 言語が発達するころに明確に現れる危険信号は以下のとおり:
・16カ月までに単語が出ない。
・1歳までに喃語がなく、指差しなどの身振りによる伝達もみられない。
・2歳までに2語文が出ない。
・年齢にかかわらず、言語能力が低い。
 この報告では、たとえ親が特に心配していなくても、生後18カ月から24カ月の間にすべての小児について共通のスクリーニングを実施するよう推奨している。
 第2の報告は、自閉症と診断された後の対応に焦点を当てたもので、早期介入の重要性を強調。自閉症が疑われる場合は、診断が確定するのを待たずに、できる限り早く介入治療を開始するよう推奨している。少なくとも週25時間、1年間の治療が必要だという。
 また、小児科医へは家庭で行われる可能性のある補完療法や代替療法を知っておくよう推奨している。例えば、自閉症改善のために子どもにカゼイン・グルテン除去食を与える親がいるが、栄養障害を生じる危険もある。小児科医がこれを把握していれば、栄養士を紹介するなどの対応が可能である。睡眠障害や胃腸障害など、自閉症の小児に共通する医学的問題についても、小児科医は知っておく必要があるとしている。
 専門家は、この2報告はともに包括的で優れたものと評価している。
Nishawala氏は、自閉症の治療法で誤りと判明したものについての情報も付け加えられていれば、さらに有用なものになっただろうと指摘している。
この手当てをする事で自閉症が疑われる3才の幼児は健常児と変らぬ反応をするという報告は見逃せない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
発達障害の診断をめぐって よく考えよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる