よく考えよう

アクセスカウンタ

zoom RSS 自閉症者に対する感覚統合療法を考える

<<   作成日時 : 2008/05/01 08:07   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 11

講演では広まっている一方で、専門的スタッフが不足しているという紹介があった。


感覚統合療法はアメリカのエアーズという女性の作業療法士が,1970年当時アメリカで問題になっていた学習障害児のための治療法として開発され、日本には10年遅れて入ってきた。

エアーズによれば、正常であれば様々な学習に必要な脳の最終産物を以下のように形成する。

初め第一段階として聴覚・前庭・固有受容器・触覚・視覚の感覚を夫々個別に学習する。
1歳になると前庭感覚は目の動き,姿勢,バランス,筋緊張,重力への安心感を、固有受容器感覚は扱いや食べる事を、触角感覚は母と子のきずな,心地よい触覚を覚える。
次いで、3才にはこれらの3感覚が統合され身体知覚,身体の両側の協調性,運動企画,活動レベル, 注意の持続性, 情緒の安定を得る。
5〜6才になるとこれらの3感覚と視覚が協働して目と手の協調,視知覚,目的的活動を実現し、聴覚感覚は話す能力,言語を獲得する。
最終的に5感覚が協働して最終産物である集中力,組織力, 自尊心, 自己判断,自己抑制,自信, 教科学習能力, 抽象的思考, 推理力, 左右の特殊化を獲得する。


これらの能力1つひとつが欠けるのは、その前段階の能力が出来ていない事が原因であり、それを改善する事を目的とし、段階を追って感覚統合療法を施し学習障害が改善される。

ここで考えなければならない事は、この感覚統合療法は健常児が持つ脳の使い方を再現する事によって障害を克服しようとしていることだ。


自閉症者は大脳を効率的に使う為に発達も遅れるし健常者から見ると障害が目立つ。
単純に見かけだけ健常者と同じものを見に付ける事で失うものも多い事を考えたい。

研究者及び作業療法士等の現場スタッフに最善の感覚統合療法を実現する為のプログラム開発をお願いしたい。


筆者も当然、研究者の1人としてこれに拘っていきたく考える。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
最近あなたがあちこちで書かれているコメントは多くの親を悲しませ、子どもを愚弄しています。
発達障害で「わかった気」になった程度で偏った知識をばら撒かないでください。

あなたの書き込みは成人の患者さん向けかもしれませんが・・・。

子育ては画一的なものではありません。あなたの書き込みで多くの人の苦しみが緩和されずに増している可能性があるのだ、と自覚を持ち、相手の記事を熟読した上でコンタクトするようは思慮をお願いします。

よく考えよう、でいきましょうよ。
とうたろう
2008/05/01 14:38
とうたろうさんようこそ。
子供達本人は一生懸命で、大人に気を使っています。子育ては画一でないのは当然です。只、私は子供の将来を考える親が強くなければならないと考えています。
今、きらっと生きるで引篭もりの発達障害者が出ていました。ああいうようにならない為に、考えていかないと思います。
悩むより、対策をです。
宜しく、お考え下さい。
hbar
2008/05/01 21:31
コメントを削除されるかと思いましたがよんでいただけてありがたいです。
今日数箇所で書き込まれていたコメントはよかったですね、やはりコミュニケーションはなれということもあるのでしょう。
投稿される記事についてはしっかりした方向性をお持ちなのはわかりますし否定的な意見を消さずにコメントを返す部分にもあなたの人柄を感じます。
おそらくあなたも行きにくい子どものまま大人になられたのかもしれませんね。
診断を受けられているのだから自己表現が不得手なのかもしれないですね。

とうたろう
2008/05/02 12:10
その部分は子どもであれば許されますが大人のあなたにとっては周囲からは許されず、また高いハードルなのかもしれません。



とうたろう
2008/05/02 12:12

>子供達本人は一生懸命で、大人に気を使っています。

これは発達障害でなくても同じですね。

>子育ては画一でないのは当然です。

あなたの子育てはいかがです?
お子さんがいなければあなたの育てられ方は?
そりゃ全部違いますよね。おっしゃるとおり。

>只、私は子供の将来を考える親が強くなければならないと考えています。

コメントを書き込んでいるブロガーさんはあなたから見て強いと思えないわけですね、なるほど。

>今、きらっと生きるで引篭もりの発達障害者が出ていました。ああいうようにならない為に、考えていかないと思います。

考えるも大事ですが行動も大事ですよ。理屈の押し付けはおよしになるほうがよいでしょう。
某所のコメントも読みましたか?
ブロガーさんがもうあなたのコメントを忘れたいと書いてるのに、また書き込んでますよね。
これはやりすぎですよ。

>悩むより、対策をです。

とうたろう
2008/05/02 12:13

そうですね、でも追い詰めるのはよしませんか。
もっと学術的な追求をしてるところとか理論を追求してるところとかのほうがあなたの書き込みは向いていますよ。

空気を読みづらいというのもあなたの特性かも知れないのですがここはあなたの年齢と経験を信じて今後の動きを見守りたいと思います。


とうたろう
2008/05/02 12:13
とうたろうさん、何を仰るのも結構だがせめて貴方のブログとリンク位は張って頂きたい。そうすれば真の真意も測れようというものですが、日頃どういう主張されていて言ってこられても与太話としか受取れません。悪しからず。
hbar
2008/05/02 16:18
トラックバックをありがとうございます。
この記事を、「Drミカのメモ張:脳・栄養・心」に、
転載し、リンクを貼らせていただきます。
ミカ
2008/05/03 02:15
宜しくお願い致します。
hbar
2008/05/03 05:56
広汎性発達障害4歳一人息子です。
多動 意味不明な会話 こだわり こだわりに関して自分の意に添わないと きちがいのようになります。 関わりあい方 色々な方法パターンを教えてください。 
こうたろう
2008/08/15 23:25
こうたろうさんようこそ。4才の発達障害児のお子さんの子育てご苦労様です。どう対処して良いのか難しいと感じられておられるのでしょう。逢っていないので断定はできませんが、先ず最初に保護者と一緒に居る安心感を育まれる事をお勧めします。先ずは叱らない事と動き回っても危険の少ない場所を確保する事から始められては如何でしょう。自閉症であれば、何を獲得するにも大変な努力をお子さんはなさっています。その大変な努力の結果、獲得したものが拘りと感じるものです。その拘りはお子さんを理解する為の大切な窓とご理解下さい。保護者が絶対的に自身を保護してくれる存在である事を理解させる為にもその拘りの獲得法は参考になると考えます。保護者が安全基地と言う認識が育てば状況は随分変り、そこでやっと叱れるようになります。意味不明な会話はご心配無要です。発語は大きな氷山の一角に過ぎません。その氷山を作る最中故意味不明に感じるのみです。只、良い氷山を作る為には意味は分らなくて良いので児童図書の読み聞かせ等の努力が欠かせません。様々なメディアが行うものを録音して利用するのも良いでしょう。
Hbar
2008/08/16 07:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
自閉症者に対する感覚統合療法を考える よく考えよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる