よく考えよう

アクセスカウンタ

zoom RSS 問題の個人化からの脱却

<<   作成日時 : 2008/06/13 10:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ともすれば「どんぐりの家」に出てくる圭子や清のような子供達を前にして、その子特有の個性に圧倒されて、問題を見過し勝ちであるが、問題解決して法則化エンジンに繋げていく為には問題を個人化するのでなく、そのアイコンタクトを取れないとか覚えの悪さにヒステリーを起こし勝ちな個性を冷静に抽出する態度を持たなければならない。
医療や学校は当然、短い時間で判断を下し複数人数を療育しなければならない。
そこへ過大な期待が掛る中で急がねばならない事が問題の個人化からの脱却だ。
その為に必要な事は子供の置かれた環境を正しく理解し、その環境が及ぼす影響とその逆について考えねばならない。
又、子供達の言動として現れる個別症状から環境をどう改善するかを考えたい。
当然専門家の意見や考え方は大切で、それらの言葉をキーワードに本人・家庭・学校が想いを同じくする事もたいせつであろう。
援護法の制定の目的もそこらにあるのだろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
問題の個人化からの脱却 よく考えよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる