よく考えよう

アクセスカウンタ

zoom RSS コーディネーターの視点

<<   作成日時 : 2008/06/19 13:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

講演ではコーディネーターが子供理解からの対応・戦略を保育・教育側と養育者側の調整を行う形で支援すると言う事であった。
保育・教育側に対してはポジティブな評価・疾病勢の解説・戦略の企画・事例性の理解・機関組織の凝集性の促進等を通じて橋渡しの要請を受ける。養育者側に対してはねぎらい・事例性の支持・情報提供・疾病性の説明・対応のヒント等の支援を通じて橋渡しの要請を受ける。

特別支援教育コーディーネーターは、学校内の協力体制を構築すると共に、小中学校、特別支援学校と関係機関との連携協力体制の整備を図ることを目的として、各学校に原則一人が指名されている。殊に、発達障害のある児童生徒の発達や障害全般に関する一般的な知識を備えていて、児童生徒、保護者、担任との相談などを行うことが期待されている。

昨年4月から特別支援教育が学校教育法に位置付けられ、これまでの一律教育と違い全ての児童1人ひとりが持つ特性に適った教育を受けさせるようになった。

これまでは、義務教育を免除されていた障害の重い子供も他の子供と同じように教育を受けれるようになり、教育の世界でも基本的人権に基くようになったと言えよう。
様々なコーディネーターのブログを巡回すると、実際業務は明文化されたものと大きく違うようだ。
兎に角、問題児童の記述が多い。
費やされた苦労談があって、その苦労が実ったと言う話が多い。
そこには筆者が小学生低学年で大切にして貰った先生方の姿と重なる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
コーディネーターの視点 よく考えよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる