よく考えよう

アクセスカウンタ

zoom RSS その他の障害

<<   作成日時 : 2008/07/01 05:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

3つ組よりもその他の障害の方が深刻だ。
それは多動・感覚異常・睡眠異常という症状で顕れる。

多動はじっとして居られず動き回る症状だ。
何をしていても落着かず、何か遊んでいる内は良いが促しても何もせずに困ってしまう事が多い。
この落着かない症状は3つ組とも関係が深く、基になる記憶がない為に探しているとも考えられなくもない。
俺ルールの完成と共に消えていく症状でもあるようだ。
俺ルールをどう構築していくか課題であるが、キーポイントは親の背中にあると考える。

感覚異常も大変だ。
俺ルールも出来上がった成人がこの感覚異常が原因でよく鬱になっている。
5感の受容体で入ってきた情報は電気信号に変換されるのだが、それが2次、3次と感覚野で変換されるのに変換情報が入っていない事が原因と考えられる。
変換情報は学習されて記憶されるのだが、その基になる情報は真似により入力されると考える。
例えば円いものを見て、人が円いのを認識して声に出すのを記憶したものを基にして円を見た時に変換情報として働くものが蓄えられると考えられる。
同様に痛いとか5感全てに同様に学習するのだが、自閉症の場合はその学習が巧くいかず感覚異常に繋がる。
視聴覚の場合は間違いに気付いて繰返して修正するが、他の場合は修正の仕様が無くその侭になり勝ちだ。

睡眠障害は深刻だ。
睡眠は自律神経によって調整されており、その自律神経の失調によると考えられる。
小脳の動作記憶が全て揃っていない為、自律神経が円滑に動かないと考える。
自律神経系はDNAがmRNAに転写されて機関が出来た時に動く動作記憶が小脳の容量不足の為に保存されていないのだろう。
健常人であれば正常に動作が担保されるのは小脳に正常な動作のコピーが存在するからだ。
それが無い為に機関の動作の安定が担保されない訳だ。
従って、睡眠障害以外に色々と不定愁訴があると考えられ、生き難さは深刻さを増している。


その生き難さを乗越えて生きているのが自閉症者である事を知ろう。

単にコミュニケーション障害だけではなく、必死の思いで生きているのだ。

安易な療育で却って自閉症者を追い込んでいる事を思い知らなければならない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私も高校の頃から睡眠障害には悩まされてきています。
皮膚の感覚過敏も酷いんです。
制服のある会社には就職できませんね〜。
髪が顔に当たるのもダメ。
化粧もダメ。
マニキュアもダメ。
洋服も首元が大きく開いているもの限定。
体温調整も出来ないので夏はすぐに熱中症。

なかなか不便な体です。
くすのきゆり
2008/07/01 09:45
くすのきゆりさん今日は。
結局、様々な動作回路が書込まれずに居て様々な症状に繋がるのだと考えます。私も手に持った物が突然ポタンと落ちたり、よろけたりします。
こういう症状は厄介ですね。睡眠障害にしても睡眠薬が効くには抗鬱剤が鬱病でもないのに有効なんですよ。受入れて、何とか日常生活を豊かに過しましょう。それには前向きで自身が取組むべきものが必要なようです。頑張るしかありません。
Hbar
2008/07/01 09:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
その他の障害 よく考えよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる