よく考えよう

アクセスカウンタ

zoom RSS 気質の変化

<<   作成日時 : 2008/07/17 11:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

学びの効用はどこにあるかと言えば知識の習得も然る事ながら、気質の変化にあります。

学ぶという場を持つ時、我々はその学ぶべき事柄を先ず見聞します。
見ると網膜から入った光信号は電気エネルギーへと変換されて、第1次視覚野・眼窩前頭皮質・偏桃体・視床・小脳等に伸びた軸策が直接伝えます。
夫々の部位は受取った信号を適切に変換します。
その変換する過程が動作回路であり、その動作回路を小脳がコピーとして保存していて、感覚器官から受取った情報に応じて夫々の部位に登上線維を通じて伝え、その働きを促すものと考えられます。

偏桃体が網膜からの信号を受取り、そして小脳と通信して好もしい情報と確認できた時、興奮に打ち震えてその信号を視床下部に伝えて黒質部に端を発する第10神経系のシナプスからドーパミンが出て、勉強意欲が嵩じるという訳です。

第一次視覚野に入った電気信号を受けて小脳からその変換に必要な動作回路を受取ります。その後、第5次視覚野迄変換が進んで我々が見えたという意識を前頭前野が持ち、好ましくなくても為になる情報であれば、やはり視床下部に伝えて意欲へと繋げます。

学習意欲というのはこのようにして出来上がる事を知って下さい。


学ぶという事は、健常者にとっても大脳に長期記憶を作る事に他なりません。
詰り、長期増幅回路を作って覚えるのは自閉症者のみの行為ではないのです。
所謂、記憶は海馬において為されるという話は昔から良く聞きますが、あれも長期増幅回路を作って記憶しています。

関連付けると覚え易くなるという経験された方は多く居られると思います。
長期増幅回路を造って学び覚えた事は関連した事を好み、その関連したもので増殖します。


好きこそ物の上手なれと昔から言われていますが、その仕組は上記のような脳の働きが関与していると推察されます。
そうして名人上手となった人は悉く法則化エンジンを持っています。


これは自閉症者の専売特許ではなく、関連付けた多くの言葉群を関連付けるエンジンとも呼べる回路が誕生した事を意味します。
3千年も昔の孔子が居た時代から学ぶ本質は気質の変化にあると言われたのはそういう事情によるものと考えます。学んで法則化エンジンを持った時、様々な事象は他の人と同じように入ってきますが、その受止め方や対処法が異なってきます。


そういう人の事を昔の人は仏とか聖人と言ったのだと考えます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
先日は私のブログにコメントをありがとう
ございました。<(_ _)>
去年にご自身を高機能障害と認識されたとの事。
私の所にはアスペルガーの記事がきっかけで来て
頂いたのでしょうか?主人方甥がそうだと書きましたが
私自身は実は主人も、主人の兄(甥の父)も
そうではないか、と考えております。が
Hbarさんは
特に診察など受けられる事なく自己診断をされた、
という事でしょうか?
それまでご自身の自覚が全くなくごく普通に生活されて
いた、と。
本に書かれているであろう事柄が娘にも
対応できるのか
どうかわかりませんが、私も生き方の知能指数」
を探してみます。
ありがとうございました。(^o^)
maymiku
2008/07/18 10:03
ようこそmaymikuさん。
そうではないかと疑念があれば、診断を受けるに越した事はありません。私は本を読んだ次の月に精神科医に診断を受けています。この診断は何の公的援助も発生しませんが、自身の心構えに大きく寄与するでしょう。損得で言えば、損です。しかし、知る事で自身の身をどう処するかを決める事ができれば儲けものと考えています。それとこのブログで論じている事の極僅かしか「生き方の知能指数」には書いていません。殆どは私自身の研究成果に他なりません。切欠はその書籍でしたけれども。ご多幸を。
Hbar
2008/07/18 14:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
気質の変化 よく考えよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる