よく考えよう

アクセスカウンタ

zoom RSS 高齢になっても学ぶ意欲忘れずに

<<   作成日時 : 2008/08/23 16:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

普通、人は100歳位になると少々の努力では背中が曲り、この世から去っていく準備をするもののようだ。

しかし、平均寿命は100歳に達しないし、それを超えて生きる人が存在するのも事実に他ならない。
病気に掛り、致命的な障害によって命を失うのは縁の為せるわざでろう。
しかし、最近の老齢者は成人病及び癌によって命を落す人が多く居る。
ここに逆説を付けたのは、命の焔を燃やし続けていれば掛らないはずの病気であるからだ。

肝心なのは命の焔を燃やす事にあるようだ。

私事であるが、私の母は後2ヶ月で満82歳となる。
昨年夏、15才年の離れた自身の弟を脳腫瘍で失った時、胴は曲り重症の便秘に掛った。
命の焔が小さくなっていたのかも知れない。

その折は、アロエの葉をその侭ガリガリ噛んで貰って便秘を克服できた。
市販の薬は言うに及ばず、医者の薬も他の病に対しては直に効くのに、その時ばかりは効かない。
誠に、アロエ様々だ。
それと、10月からスポーツジムに通って貰い出した。
弱った年寄向けにプログラムを組んで貰い、通って貰った。
努力はしてみるもので、年が明ける頃には3km程の距離は歩いていけるようになった。
しかし、胴の曲ったのは中々治らない。


要するに腹筋及び体幹筋が弱り、支えられないというのが真相のようだ。
今年の3月位からはジムが休みでない限り、休まなくなった。
目に見えて、曲り方が違って来たように思う。

今の時間もジムに行って身体を動かしているはずだ。
その母が今朝、日経新聞を最近取出した付録の日経ビジネスAssocie08・19号にある「トヨタ式カイゼン 5つのアクション」を見て、文字が小さいから見易く書き直して欲しいと言った。
これこそがジムに10ヶ月通った効果で、命の焔が少し大きくなったのだと感じる。
気のせいか胴の曲りも大分気にならなくなってきている。


82歳にして改善を考える気持は大切にしたい。
それに付随する作業で午前中は潰れた。

命の焔は雅にと同義ではなかろうか。
何でも良い、志さえ持てば命の焔は燃え盛り、病など寄付けないと考えるが如何。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
高齢になっても学ぶ意欲忘れずに よく考えよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる