よく考えよう

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京4日目

<<   作成日時 : 2008/08/12 09:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

8月4日の午後7時10分新宿発松山行きの深夜バスのチケットが買えた事で随分心が落ち着いた。
実は現金の持ち合せが4千円強だったのだ。
もし7日迄居なければならないとすると、これ迄の生活スタイルでも交通費にどれだけ避けるか厳しかった。
歩いて行ける範囲をうろつくだけであれば、無理して東京まで来た甲斐が無いと言うものだ。

宿で宿泊は今朝までと告げ、荷物を全て纏めて持ち、歩いて新宿まで行き、京王新宿駅のコインロッカーに置けるだけ置いて歩き始めた。
先ずは武蔵野市緑町へ行く道順から調べ始めた。
家に居ればインターネットで調べるから、経ち所に分るのだが歩きながら人に聞くと言うのは大変だ。
新宿の地下街が入組んでいるというせいもあるだろう。

中央本線に乗り、三鷹駅で下りた。
先ずは、ローソンへ髭剃りを買って髭を剃る為に行く。
その為に一番分り易い中央通から随分外れ、目印の中央通が中々分らない。
武蔵野警察署があったのでそこで道を聞く。
初めてきた所のせいか、随分、うろうろしていたらしい。

それからも2ヶ所で聞き乍、やっと武蔵野東学園に着いた。
一昨日の懇親会で知り合った学園資料室の池西治さんにお邪魔させて下さいとお願いしていたのだ。
正面玄関を入ると、立派なエントランスが迎えてくれた。
寄付者の氏名を1額に数十名書いた額が10枚近く並んでいただろうか。
その横にビルゲイツからのメッセージも額に掲げられている。
要するに学校をイメージしていたのだが、凄く金持ちの私立学校であるのに吃驚した。
天才的教師であった学園創設者故北原キヨ氏の人望と彼女への賛同者の多さの賜物と言えよう。
受付けで池西さんを呼び出して貰うも、休んでは居ないが席空きと言う。
30分程待っても戻って来ないので直接資料室に行くように鍵を開けて貰い、資料室に向かい、直前で「足立さん」と言う声に振り向くと研究大会とは違った麦藁帽にTシャツの出で立ちの池西さんが立っていた。

聞けば、4、5日と午後に夏休み中の見学会があるそうで草むしりをしていたそうだ。
1時間程の歓談の後、「学園創立の母北原キヨを偲ぶ」と言う書籍を土産に頂き、辞去した。
高機能自閉症の癖で、アポイントも取らず自分勝手な独り善がりを主張し続けるという醜態を思い出すだけで恥ずかしく思う。
その次に立寄った日本棋院でも普及事業部の常務理事信田成仁6段と逢う事は出来たのだが、同様に疾呼さだけが後に残り、これを解決する回路創生の工夫をどうするかが大きな課題として残った。


次に新宿に戻り、都庁に行った。
そこそこに見物を済ませ、新宿高島屋に行き、その横の紀伊国屋に立寄り、7月22日に出版されたばかりの東京大学出版会発行「認識と行動の脳科学(シリーズ脳科学2)」を買って、京王新宿駅を目指した。

少し時間は早いがコインロッカーの荷物を出して新宿高速バスターミナルの待合室に向かった。
晩酌をしながら先程買った書籍を読むはずであったが横に座った人がNHKが出版している「篤姫」を見ているのに興をそそられ、出発まで話が弾み午後7時10分にバスは一路松山に向かった。

翌朝30分も早く道後温泉に着いたが、コインロッカーに荷物を預け道後温泉に入って帰宅した。
その日は睡眠薬の力も借りたが16時間の睡眠を取り、疲れを取った。
翌日も少し動いたがやはり疲れが残っている。


今回の東京行きは大きな収穫があった。
1番は自身の考えに確信が深まり、論文として纏める大きな力を得た事である。
第2は研究大会を聴講し、最先端の研究者が発達障害をどう捉え、何を為そうとしているかを知った事だ。
第3は様々な研究者と名刺交換をし、初学者である私を伸ばす為の礎が築けた事であろう。
研究し、それを論文として纏めても全く読まれずに評価されない場合は良くある事に違いなく、自己宣伝する為のターゲットとなり、様々な評価を直接メールで聞けるかも知れないと言うのは大きいと感じる。
第4は1日掛けても東京へ本屋に書籍探しに行くべきである事を知った事だ。
インターネットによる情報収集には限界があり、足を運ばなければならず脳神経科学学会等も入会できればするべきと感じた。
第5はネット上でしか知らなかった人に初めて逢った事だ。
第6は東京をより近しく知ったと言う事だ。
霞ヶ関、銀座、アメヤ横丁等々等だ。
真の収穫は5日間に及ぶ遊学をして様々な事と向合い、改めて向合う事に対する定石を持たねばならないと感じた事に他ならない。

この東京遊学についての詳細はこの4日間の書き込みを目次として紹介したく考えているので楽しみにして欲しい。
先ずは、遊学前の「障害児を持った保護者は何をしなければならないか」の書き込みを完成させねばならない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
東京4日目 よく考えよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる