よく考えよう

アクセスカウンタ

zoom RSS 総裁候補石原伸晃の掲げる「行革でスリムな国家に」に対して大胆提言

<<   作成日時 : 2008/09/11 09:43   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

今朝の日経1面トップで「ホンダが電動二輪車」の9文字が飛び込んできた。
日本の民間は政府が環境対策と言うだけでこれだけの提言力を持っているので沈む事はありません。
只、偽装問題等の不祥事は政官の襟を正す姿勢が鮮明になれば背中を見て国民は育つでしょう。

その為にもやらねばならない行革です。
真の行財政改革を行う為にはその仕組を知り抜いている官僚組織の中から為すべき提案があって然るべきです。
しかし、出せと言って出る位なら社保庁のあれほどに箍の緩んだていたらくはありません。
今日のテレビ報道でも言っていましたが、日本の外務省が持つ情報収集力のお粗末さは社保庁をわらえません。
多分、霞ヶ関全体がこういうムードなのでしょう。


民主党が公務員給与を1割削減と言う案をだしていますが、石原候補は3年間2割削減と言うべきでしょう。
只2割下げて、民主党の如く年金・福祉に注込めには反対です。
減額した給与から生まれた財源から報奨金に充てるという訳です。
公務員に対しては行革に対する論文募集をかけ、それに対して懸賞金を出しては如何でしょう。
優秀な頭脳で仕事の内容を知り尽くしている官僚達に1位は数億円という破格の賞金を用意するのです。
無論、参考になる意見の出た官僚には数万円の報償もだすべきでしょう。
民主党が6千億円と言っていましたから財源は1兆2千億円となるはずです。


それと、スリムになるという事は定数削減しようという事に他ならないでしょう。
折角の懸賞募集です。
仕事の内容も分り、頭も良く数億円のボーナスと国中から認められる訳ですから頑張る人が数多く出るはずです。
優秀な回答の中身は大幅削減を実現する行革モデルになるはずですが、これに削減された人員が民に出来なくて公にしかできないサービス業務を提案させては如何でしょう。
当然コンテンツマネジメントサーバー等が無料ソフトで出回っている時代です。
そういうものをフル活用してこそ真の行革が実現出来るでしょう。


人材派遣業や介護ビジネス等はスリムな形で公で始めるべきでした。
郵政省のように順が就いたら民営化すれば良いのです。
ビジネスモデルが固まっていないものを民に任せるから甘い汁を吸う馬鹿者が出るという事です。
是非とも奮闘宜しくお願い致したく願います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
石原伸晃氏にやってもらいたいなー!
あらー、福田さんも突然引退しちゃったのねー!じゃ、次を選ばなきゃならないじゃない!麻生太郎氏という声も多いようだけど、この人は福田さんには非協力的だった!こんな人に任せる気にはならないなー!石原伸晃氏なら何かやってくれそうな気がするけど、どうですかな?... ...続きを見る
世界制覇カウントダウン!
2008/09/11 19:43

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
総裁候補石原伸晃の掲げる「行革でスリムな国家に」に対して大胆提言 よく考えよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる