よく考えよう

アクセスカウンタ

zoom RSS 小泉元総理の思惑は何処に

<<   作成日時 : 2008/09/21 08:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

麻生太郎幹事長の自民党総裁就任が確実視されている。
最初から支持していた森元総理はほくそえんでいるのかも知れない。


総選挙で麻生総裁の下では自民党は敗するに相違ない。
大敗と書きたかったのだが、地盤・看板に敬意を表して書かない事にする。
先の参議院選挙では片山虎之助氏が落選したのは記憶に新しい。
議員でなくなって、テレビで政局を語る晴れやかな顔が印象的だ。


大物参議院議員であった片山氏が落選した理由は只1つ、自民党の既得権を守る姿にノーを突付けたのみだ。
麻生氏がこの侭新総裁となれば自民党は総選挙で負ける。
それは既得権を手放す決断を下した郵政民営化解散で示された国民の真意に他ならない。
森元総理を元とする守旧派はそれが分っていない。
小泉元総理が政権を禅定した途端に、派閥の事実上のオーナーとして安倍・福田両首相に圧力を掛けた。
それが松岡元農水相の自殺と安倍前首相のノイローゼの元凶に他ならない。


小泉元首相は当然のこと森元総理のそういう癖も良く知っているので困ったもんだと思っていたに相違ない。
言っても森元総理は出身派閥の先輩であり、その秩序を乱す積りは無かったであろう。
小泉元総理が自民党を守る為であれば立候補して立会演説会にまで出掛けて行ったに相違あるまい。


ぶっ潰した積りが、救守派が息を吹き返した自民党を守る気持は更々無いのだろう。
小泉さんが獲得したものを使って、自身の権益にしがみ付いている者達に呆れ果てたのかも知れない。
負けた自民党を割り、小泉新党を旗揚げするなら今回の総裁選で取った態度も理解できよう。


前原元民主党代表とも食事を共にしたと数ヶ月前に聞いた。
今回の総裁選のシナリオも小泉さんの演出によるものかも知れない。
大騒ぎした国民が馬鹿を見ただけだ。


衆議院解散後の政界再編成から目が離せない。


小泉元総理は「もうそろそろ柿の美味しい時期だから」と言って、熟したものがぽたりと落ちるのをまっているのかも知れない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
一生懸命よく書けました、60点。でも誤字脱字はチェックしようね。再編製じゃなくて再編成だから。
ぼち
2008/09/21 08:38
見直さないと駄目なんですね。でも、チェックして注意して下さるとは有難い。本論でも異論があれば書いて下さると尚有難く思います。
Hbar
2008/09/21 09:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
小泉元総理の思惑は何処に よく考えよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる