よく考えよう

アクセスカウンタ

zoom RSS 先進国でGDP比が抜群に高い公債残高

<<   作成日時 : 2008/09/30 12:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

[財政再建] ブログ村キーワード
公債残高の推移の推移を見ると、昭和40年の2千億円を皮切りに大幅に右肩上がりなのが分る。

昨年に至っては税収の10倍を超える水準まで増えている。
大体消費者金融によると、借金の目安は収入の1割迄であって、2割を越すと多重債務者となるそうだ。
消費者金融でなくて、通常の銀行住宅ローンの場合だと維持可能な借金の目安は、だとだいたい収入の2割前後の返済額だ。

それが税収の10倍にもなっているのだから40年ものに大幅にシフトする訳だ。
5年もの国債発行さえ許さなかった故池田勇人元総理が聞けば、顔を茹蛸のようにして怒るに違いない。


グラフを見ると、オリンピック直後の山陽特殊鋼が破綻したり、山一證券が日銀特融を受ける等の底なしに見えた40年不況に初めて佐藤内閣で故福田赳夫大蔵大臣が特例公債を2千億円発行している。
それから昭和44年まで景気刺激の為に特例公債を発行し続けている。
特例公債とは世に言う赤字国債に他ならない。

昭和45年に入るといざなぎ景気の絶頂に入って、流石に赤字国債を止めて建設国債に切替えている。
それから田中内閣による日本列島改造論等に支えられて高度経済成長が続くが、ロッキード疑惑により田中内閣に三木内閣、福田内閣になると又もや建設国債に加えて赤字国債が顔を出しだす。


第2次中曽根内閣になって円高不況に突入する。
国鉄や電信電話公社等の民営化がこの時に為され、日本全体の国力が上がり円高不況を脱する。
その間はそれ迄続いた政権の残した残高が多少右上がりとなっている。

それに続く竹下から海部内閣に至る迄バブル景気の恩恵に預かるも公債残高は維持で減らなかった。
バブル景気に後押されても汚職と公債を減らそうという意欲の無さが現状への布石となっている。

宮沢内閣から平成不況に突入するが、後細川・羽田内閣へと与野党逆転となるが公債残高は横ばいだ。

自民党が政権奪還して村山内閣になってからの残高の上昇カーブが上がった。
中でも小渕内閣において百兆円の赤字国債を発行するに及んで、現今の苦しみとなっている。


竹下元総理が作った流れがバブルにおいても公債残高を減らさず、村山政権以降の借金漬け体質を作ったと言えよう。
そう言う意味において、今回政権交代して新しい政権で日本を切り回すのも悪くは無いだろう。

ブログ意見集 by Good↑or Bad↓ 基礎的財政収支の目標先送り論

</br>

ブログ意見集 by Good↑or Bad↓ 消費税10%台と麻生総裁候補

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
3段構えの米金融恐慌対策(RTC→RFC→IMF?)
FRBが目論むアメリカの金融恐慌対策を予測してみる。 今回のアメリカ発金融恐慌... ...続きを見る
日本を守るのに右も左もない
2008/10/01 00:19
下院でも通過!70兆円の経済救済案ついに成立!
  ||| 70兆円の経済救済案ついに成立 ||| 70兆円の超大型経済救済案、2度目の下院でも263対171で可決さる ブッシュ懇願、長老議員奔走の結果、1日の上院に続き下院でも通過 ワシントン発 |米国時間で3日金曜午後、7000億ドルの金融危機救済の財政援助緊急案が、1日の上院での可決に引き続いて、下院でも賛成263:反対171の圧倒的多数で可決、議案通過した。初回のポールソン提案の緊急救済案は、先週月曜29日に賛成票がわずかに足らず一度は却下されたが、上院でさらに個人投資家や中... ...続きを見る
米流時評
2008/10/04 11:23

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
先進国でGDP比が抜群に高い公債残高 よく考えよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる