よく考えよう

アクセスカウンタ

zoom RSS 株、信用評価損益率が4週ぶり改善したそうな

<<   作成日時 : 2008/10/23 11:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

今日の前場も大幅な日経平均下落で始まった。

1時は8千円の大台割れを覗こうかと言う下げのきつさであった。
所で、日経ネットでの速報で先週末、久々に信用買い評価損が改善したそうだ。
この4週間はきつい下げであったから買った人の損はどれ程のものであったろうか。

リーマン破綻に始まった急落は粗2割5分にも及ぶ。
その間は、拡大に次ぐ拡大の一途であったろう。
今週も連日の大幅下げである。
泣いている人は多かろうと思うが,株で大儲けしようと言う魂胆が悪い。


しかし、こういう経験を積み、そうして戦後日経平均が日経ダウと呼ばれていた当時の頃から罫線を調べる切欠になれば、これ程良い利殖も無い。
詰り、大暴落の手前では見当が付くから、早く手じまうようになる訳だ。
それには可也、投資はしなければならないだろうが、まあそれを投資と考えれる身分の人は良い。
大抵はなけなしの退職金をつぎ込んで、スッカラカンになってしまったお年よりも多いのでは無いかと同情する。

株屋の兄ちゃんを恨んでも仕方が無い。
彼らとて宮仕え、騙そうとして騙した訳でなく、会社の命令で銘柄を推奨していただけなのだ。


少し頭を冷やして、戦争直後の日経ダウは50円ぽっちだった事を知って見れば、如何にアホな事したか理解できるだろう。
高い授業料と思い経済や株の仕組、それに時系列を追っての個別銘柄の動きを見れば、色々と分るだろう。
定年を過ぎた方ならば人生山あり谷ありと言う経験と照らし合すと株にも起承転結がある事が知れるだろう。


少し待てば、日本株は上昇局面に入ると考えられる。
バブルの頃に世界中の金が日本に入り,1ドル80円迄買い上げられたのは遂こないただ。


もっと世界の金が日本に集中するに違いないと踏んでいる。
良い経験で,少し色々と倹約をして,資金を貯めておくと良い。


今度は面白い目に和えると思う。
しかし、勘が働かなければ難しいだろうから、それも人生経験と割切ってするしか無いだろう。


馬鹿と相場には勝てぬと言うのは、欲の無い馬鹿には欲を持つ常人が勝てないと言う意味をかみ締めよう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
株式相場への心得
馬鹿と相場には勝てぬと昔から言われていますが、時々において株式相場に感じる事を書連ねます。 以下過去記事を列挙するが、何時までも変らぬ人の心と金の世界。 ...続きを見る
よく考えよう
2008/10/23 11:46
新冷戦から平和へ!米ロの意外な軍事シフト
  ||| 米ロ新冷戦から平和へのシフト ||| グルジア戦争は米・ロに何を残したか?両国外交のヘルシンキシフト ブッシュ・プーチン覇権の体制からメドベージェフ・オバマ繁栄の体制へ ...続きを見る
米流時評
2008/10/23 15:58

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
株、信用評価損益率が4週ぶり改善したそうな よく考えよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる