よく考えよう

アクセスカウンタ

zoom RSS 買付に飛んでいる小売業は居るだろうか

<<   作成日時 : 2008/10/23 16:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

ユーロ安で輸出企業の収支悪化ばかりを言っているが、買付に行けば160円していたものが126円になるのだから、消費の陰る小売業界にとってこれ程悦ばしい事は無い。

当然、ユーロ圏も世界恐慌の渦の中であるから、強気の業界であれば別だが、下手をすれば実質半値になる可能性さえある。
食品に限らず、衣料にしてもここ1番で機動力発揮している所はあるだろうか。

メーカー品の3割引きと言うのは当り前の時代だ。
イオンが殊更、値引きセール等言うのは片腹痛い。
通常、健全経営のスーパーでも定期的に3割では効かない値引きをしているのが実態だ。

大口を開けて大声を出したいなら、こういう時期に、スピード感出して現地へとび、買付けるのがプロの仕事だ。
何の為に、大手問屋と取引をしておるのか。
聞けば答えの返って来るルートを持っているはずだ。

百貨店にしてもこれほどのビジネスチャンスは無いのではなかろうか。
「お値打ち品半値セール」と大々的にすればよい。
勿論リスクはある。

ユーロの更なる下落だ。
しかし、取引と言うものは機に敏なるを持ってしなければならない。
これは相場が株だけではなく、実需も持って来れる所だ。


当然、情報源が命だろう。


如何にアンテナを高く張るかと言う事に他ならない。
それが資本ある商いというものだ。


資本の無いものは、如何にして深いご縁を持ち続けるかという事でもある。


これは常の心掛けに他ならない。


何時、色々と聞えてくるかが楽しみなのだが,聞えてくるのは悪い話ばかりだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
マーケット事情
水は高きより低きに流れる。 金の流れに伴う物流等、様々な流れは自ずと定められた方向へと流れる。 自らの意思とは関係なく、夫々が夫々のポテンシャルの影響を及ぼしながら流れ行く。 雅に、無住の世界そのものの過去記事を以下に連ねる。 ...続きを見る
よく考えよう
2008/10/23 16:28

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
買付に飛んでいる小売業は居るだろうか よく考えよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる