よく考えよう

アクセスカウンタ

zoom RSS 金融危機についての問題点

<<   作成日時 : 2008/10/23 22:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

これ程、地球がグローバル化進んだが80年も前と同じような事が進行している。

色々と頼りにすべき行財政を見ても、色々と難儀な問題が多い。
この国の総理はホテルのラウンジで飲んだのを誰でも行けるという状態だ。


1国の宰相を引受けておいてそういう言動をすると言うのは既得権益者そのものではないか。
今夜、夫人を伴って国際会議に出掛けて行った。。

安倍・福田と2代に及んで政権を投げ出さねばならなかった理由は分らないのだろう。
小泉元総理はこの総理が決まった時に、自身の衆議院議員を辞去すると言った。
その心中や如何許りや。


2千年近く前に、唯識と言う思想が生まれた。
人の強欲。我侭を全て論説している。
その上で、人を救おうと欲する者を菩薩と呼ぶ事を華厳経で主張した。

政治家は人を救うものでは無いのか。
そうして、大きな力を持つ金融機関が餓鬼・畜生の姿を顕した結果が今の修羅場であるのは言うまでも無い。

政治家や金融が2千年も前に菩薩と言う結論が出ているのに、鬼畜生と化してしまう人間の業がこの姿を産んだ。
今更、節度あると言う言葉を噛締める必要は無いではないか。

それにしても、これ程色々と問題が起きるのは、社会科学者の怠慢でもあろう。
私は、現在脳科学を学んでいますが、その命に対する懸命さには驚くばかりだ。


脳科学を学ぶ切欠は自閉症研究の為に他ならない。
粗、原因は究明し尽されているのでは無いかと考える。
それこそ、唯識に任せていた人間自身の事を細胞単位又はそれを構成する分子単位で、ここ1〜2年で究明している。

そういう究明に比して社会科学者の怠慢を追及したい。
麻生総理がホテルのバーで飲んだのを誰でもやっている事と言ったのと同罪だ。


バブルの崩壊は西洋でもオランダ・イギリス・米国へとバブルの崩壊へと続いた。


そう言えば、旧約聖書にバベルの塔という話もあったような。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
政情を想う
一時たりとも休もうとしない政治情勢に想いを馳せる過去記事を以下に載せる。 ...続きを見る
よく考えよう
2008/10/23 22:18
政情を想う
一時たりとも休もうとしない政治情勢に想いを馳せる過去記事を以下に載せる。 ...続きを見る
よく考えよう
2008/12/03 09:42

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
金融危機についての問題点 よく考えよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる