よく考えよう

アクセスカウンタ

zoom RSS 現在の不況は行政と金融の失態によるもので、民間は健全である

<<   作成日時 : 2008/10/28 10:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

現在起きている全ての悪行の原因は行政と金融の責任と言うしかない。

ざっと、思い付く侭並べても、厚生労働省関連の悪行の数々はおぞましい限りだ。
それを官と言う立場で、自身の事は放っておいて、裁きだけしようというのだから自民党の人気はなくなるはずだ。

終戦直後の疲弊しきっていた日本において官の果たしてきた役割は目覚しいものがあった。

この国を創るという意気込みさえ感じさせられたものだ。

48年のプラザ合意あたりからだったろうか。

政治家の汚職も目立つようになった。
それに連れて、官の意識も随分変わったようだ。

大阪万博がピークであったろうか。
あれまでの官はよく仕事をしたものだと思う。
お陰で、現在の日本になったのだから、横着しても仕方ないかなと思いもするが、頑張った人と横着する人が違っているのは否めない。

今の官は子供のお手本にならないし、若い行政職が可愛そうだ。

1番の不始末は教育だ。

大河ドラマ「篤姫」を見て思う事は、天照院が四書を読み、その精神が彼女が生き方を支えている事だ。

今の、教育は何をしているかと言えば、様々な事柄を教え、その意味まで教え、そうしてテストをして子供達を勉強嫌いにしているのみだ。
官、文科省のやっている事は子供の勉強嫌いを促しているのみと言わざるを得ない。

先生達は気の毒である。
しかし、雇われの身として何も言えず、懸命に出来る事をしている。

そうして、先生になろうと勤めている。

大阪万博以来、官のやってきた事で良い事は1つも無いと言っても過言ではない。


今回、日本人が4人ノーベル賞を受賞したが、予算が削られて若手が育たないとボソボソ言う。

良い話にさえ、悪い事しか出てこない。
それで大きな人件費を取って、天下り先まで確保しようとしている。

総選挙が景気対策の1番。


国民は目をさまさなければならない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
真直ぐに前を向いて真実のみを見て、行為せよ
日経平均先物が7千円で寄付いている。 ...続きを見る
よく考えよう
2008/10/28 10:59

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
現在の不況は行政と金融の失態によるもので、民間は健全である よく考えよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる