よく考えよう

アクセスカウンタ

zoom RSS 税の使い方を考える

<<   作成日時 : 2008/11/11 08:49   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

麻生総理の3年後消費税増税発表を受けて、自民党税調が開催される事になった。

税金云々を言う前に行政の無駄遣いや、政治家の税金に対する認識を改めて貰いたいものだ。
選挙民に阿る政治家の態度には、昔から議論のあった所だ。
その結果が、今日の公債膨張を呼び、財政再建の議論を呼んでいる。


税の役割は所得の再配分にある。
その再配分に対しては、将来の日本のあるべき姿があって初めて議論可能となる。
現実の議員諸氏が何処まで日本の将来を考えているかと思うと、税調が開かれると言う話にも首を傾げたくなる。


この世界恐慌を向えようとしている今日、何を考えるべきかを述べる。

資源の無い日本が恒常的貿易赤字に陥るのは頂けないが、今程に貿易黒字が積重ねられると言うのは良い話ではない。
今回の金融恐慌の遠因は日本の慢性的貿易黒字かもしれないのだ。
黒字を溜めこむのに、多くの世界各国が貿易赤字に先進国でも米国やイタリア等が苦しんでいる。
当然、この国の姿を是正する事が税制を考える上で最大考えねばならない。


輸出依存が現在の日本の姿であるのだが、この姿を変えていかねばならない。
最近の日本の傾向を見ると、アニメや日本食の文化が世界に流れる傾向にある。
その上、本年はノーベル賞受賞者が4人も出た。


詰り、輸出する対象を製品から文化へ持っていくべく社会を変えるように税制を持っていくべきではないか。
製造業はこれからロボットの採用が増え、これまでと違って就労に対する貢献度が減っていくように考えるからでもある。

その為には文化を創造していく人材を大幅に育成もしていかなければならない。
それと最先端の科学技術の振興にも力を入れなければならない。
予算措置としては文科省に力を入れるべきであろう。


それと円高にも誘導していくべきでもある。


円高になれば安い海外の生活必需品を使って、国内で色々とできるからだ。


消費税の議論よりそちらを優先すべきだろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
政策課題
ここでは過去記事を政策課題についてリンクする。 過去であるからと言っても、未だに新しい課題の多いのに気付かされる。 麻生・小沢両氏による政策課題実現に向けて努力して頂きたいものだ。 ...続きを見る
よく考えよう
2008/11/11 09:06

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
税の使い方を考える よく考えよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる