よく考えよう

アクセスカウンタ

zoom RSS 気違いと言うのは

<<   作成日時 : 2008/11/14 20:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

精神障害にも色々ある。

昔は精神分裂と言われた統合失調症・自閉症・トゥレット障害がきちがいと言われるものだ。

何れも遺伝子の関与が大きく関るが、未だに真の原因解明には至っていない。

そこで一番究明が進んでいるのはトゥレット障害であろう。


出てくる症状から言えば、トゥレット障害がきちがいと言われるものであろう。

統合失調症・自閉症は様々な症状を呈するが、それらは気分に左右されて本人だけにしか影響を及ぼさない。

しかし、トゥレット障害はその呈する症状が気になり易い為に大きく影響があるように見える。


トゥレット障害は皮質内でドーパミンのよにな様々な神経伝達物質が大きく影響しているらしい。

神経伝達物質以前に、様々な神経核が不全を起していて、そこに神経伝達物質が作用するので大きく社会的影響が出てくるようだ。


卑猥な言葉を吐くとか、言葉による暴言が1番きちがいと考えられる所だ。

トゥレット障害以外では驚きはあるが、他人事として見る事が出来る。
しかし、トゥレット障害だけは猥褻や暴言によって普通の人々に不快感を伴う不快感を投掛ける。


取敢えずは向精神薬で症状は軽減されるようだ。


色々とfMRIとかPET等で脳内を精査したのを見ても、色々と症状として脳内神経物質の不自然な有様が見える。


雅に、トゥレット障害が「きちがい」と感じる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
気違いと言うのは よく考えよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる