よく考えよう

アクセスカウンタ

zoom RSS 世界恐慌を呼込んだ米国の闇

<<   作成日時 : 2008/11/03 21:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

ボーイング社のストが8週間ぶりに和解した。

ストライキが米国の大きな足を引き摺る大本に他ならない。
日本の労働組合と違い、訴訟社会の米国では絶間なくいがみ合う。
経営者は株主の利益を守る為に仕事をし、労働者は自身の生活を守る為に戦うのが米国流だ。


日本的経営と言うのは株主利益は次に置かれている。
株主よりも従業員に対して厚い。
であるから、ヘッジファンドから見れば、日本企業は言う事だらけなんだろう。


しかし、GM・GEが苦境に陥っているのは、労働争議のせいだ。
兎に角、米国社会が蘇るには労働法及び会社法の手直し以外には考えられない。
全てに世界で冠たる企業が悉く苦境に立ったのは、労働争議のせいに他ならない。


ボーイングは日航や全日空から受注は受けているものの労働争議の為に納品できない状況にある。
全ては米国流が原因だ。
「カンバン方式」のみならず、ここらも日本式経営を見習って欲しいものだ。


大体、経営者が報酬を取りすぎる。
取れるのだから良いだろうと言うのが言分には違いない。
それは取れる時に取っておこうと言う当り前の態度なのかも知れないが,日本流に言えば継続して何ぼのもんだ。


世界に冠していた企業が、今雅に潰れようとしている。
それに対して政府はビッグ3救済に動いている。


米国発の世界恐慌さえ無ければ良い。
本業が労働者を当てに出来ないからGM・GE共に金融子会社を持ち、それで収益を上げていた。
これを解決せずして、米国の復活はあり得ない。


これ故に、米国の会社は工場を賃金の安い発展途上国へ持っていき,自国はマネーゲームと軍備のみになってしまった。


確り考えて欲しいと思う。
大統領も変ることなれば。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
マーケット事情
水は高きより低きに流れる。 金の流れに伴う物流等、様々な流れは自ずと定められた方向へと流れる。 自らの意思とは関係なく、夫々が夫々のポテンシャルの影響を及ぼしながら流れ行く。 雅に、無住の世界そのものの過去記事を以下に連ねる。 ...続きを見る
よく考えよう
2008/11/03 21:43
オバマワールド第1章・世界が待ち望む新時代の夜明け
  ||| 世界が待ち望むオバマ時代の夜明け ||| 世界が待ち望む新しい時代の夜明け・オバマ大統領実現まであと2日 各州エレクトレート予測はオバマ286 対 マケイン163で勝負あり! ...続きを見る
米流時評
2008/11/04 12:08

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
世界恐慌を呼込んだ米国の闇 よく考えよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる