よく考えよう

アクセスカウンタ

zoom RSS 麻生政権はもはや死に体だ

<<   作成日時 : 2008/11/28 08:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

今日、党首討論をすると言う。

麻生内閣が発足して,2ヶ月も経ってからの決断だ。
やらないよりは増しだろうが、麻生総理には真実を見据える目が無い。

無いと言うより、自身を首相たら占めている森元総理の目ばかり気にしているから見えないだけだ。

大統領選挙を戦った、米国を見れば分る。
民意で来年1月から大統領になるのが決った人のやる事は自信に満ちて決断が早い。

総理になって所信を述べた口で解散を行っていれば、とっくに色々な経済政策が国民合意で出来ていたはずだ。

解散をする力が所以でこの体たらくになっている。
はりこの虎では困る。
仮にも日本国の顔であるから。

総理大臣として海外へは良い顔をしに行ったが、結局真実の所相手にされていない。

世界各国の首脳も民意を得ていないと言う化けの皮は分ってしまっている。
先だっての先進国の協調利下げは日本に何の連絡もなかったようだ。

要するに、高い税金を使って海外会議に出て行っても、真実の付き合いはしてくれないという事だ。


先ずは、民意を問わねばならない。
戦をするには勝つ為にやるのが大将たるものの努めに他ならない。


民意が何所にあるか、そこを見抜き公約をしなければならない。


はりこの虎では何を言っても,信用されない。
真実が口から出ず,奇麗事を並べるしかできないからだ。


麻生太郎よ、貴方は日本の顔たらんとして、国民に向かって進路を指示すべきだ。


それが出来ないなら、できる人に政権を譲り渡さねばならない。


日本国の宰相として信を問うて頂きたい。


党首討論で追詰められて言うのではなく、自身の信で以って言わねばならない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
平成20年自民党総裁選に絡んで政変へと続く
安倍・福田両内閣が続けて政権を投出した。 これは小泉郵政解散で勝利した自民党の驕りが世論に繁栄し、世論を問うてい無い政権の脆さを露呈した。 これから先の自民・民主両党共に党内での捩れを含んで政界再編製が口を開けて待っている。 これからの政局がどうなるか過去記事を以下に並べる。 ...続きを見る
よく考えよう
2008/11/28 08:37
利権政党としての自民党終焉させた麻生総理
麻生総理が解散を先送りしてきてから随分警鈴は鳴らしたつもりだ。 ...続きを見る
よく考えよう
2008/12/07 23:21

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
本質がわからないとこうなるのか
一太郎
2008/11/28 13:27
一太郎さんようこそ。
多分、麻生さんは足が地に着いていないのでしょうね。着けなければならない現実を探してもがいているのかも。虚心坦懐しかないのですがね。
Hbar
2008/11/28 15:32
こんばんは〜。
経済の危機を打開するための政治の介入を、今こそダイナミックに行えないリーダーは、大変こまります。Hbarさんの、この間の記事の通り、今は政治が大切な時期です。自民の大敗を受けて自然的に「政・党界」再編成があっても、すばやく再編され、危機打開と経済復興を推進したいですね。
考えてるのは、少しでも長く宰相でいたい、これでは困ります。
さとし君
2008/11/29 02:50
さとし君 おはようございます。
兎に角、お金を廻す工夫をしないとね。その為には責任を持つ為に総選挙が不可欠です。
Hbar
2008/11/29 08:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
麻生政権はもはや死に体だ よく考えよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる