よく考えよう

アクセスカウンタ

zoom RSS 雇用をどうやって作るか

<<   作成日時 : 2008/12/25 00:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

こんな問題は我々ブロガーが言うべきではないのだが、困った困ったとしか声が出ないので書く。

日本には解決しなければならない問題が3つある。
それは地球温暖化対策・輸入を促進する事・産業構造の転換だ。

需要が無ければ作れば良い。
それも将来を見越しての事だ。

日本には資源が無いと言う事が言い続けて来られた。
結果として、輸出振興が国策となり、輸出製造業が成長した。
しかし、原則は輸出輸入の均衡が大切だ。
誰かが黒字を続ければ、結果として輸入して赤字を溜め込む国家が出てくる。
それが今回の世界恐慌を誘発したマグマに相違ない。

日本は輸出を続ける為には輸入を増やすべきだ。
これは民間に任せておけば出来ると言うものではない。
民間は利益の出るプロジェクトには敏感だが、利益の薄いそれも将来的には分らない事には手を出さない。
余程に儲けが出て、しかもそういう意識のある経営者が居ればだが、無理な注文だ。

そこで提案したい。
公務員の大幅な配置転換をして、国外に情報収集の為の出先機関を作る事を提唱したい。
公務員も社会保険庁のマンネリ業務の中でちょんぼはしたくないはずだ。
折角頭の良い人を1種で採用しているのだから、働いて貰えば良い。

外国でその国における信用度の高い企業、投げ売り商品がある企業をリサーチするのは国家プロジェクトでしなければ前向いて進まない。
幾ら、イオングループと三菱商事が提携しても、三菱商事自体国策プロジェクトにしか目が言っていないのだから資源とかそういう事には詳しいかもしれないが日曜生活にまでは詳しくない。
やはり地道な活動が大切であり、これは官の仕事であろう。

1番雇用を増やすのにやり良い事業が地球温暖化対策に他ならない。
1つは林業の振興であろう。
儲けが出ないのだから補助金が必要だ。
補助金をつける以上、ゆくゆくは国家を潤すものにしたてたいものだ。

工場生産では出来ない茸とか、探してみれば大きく収益源になるものは多いように思う。
近年のバイオテクノロジーの進化は著しい。
ここらの成果を林業に使うべくプロジェクトチームを作るべきではないか。
定額給付金等問題にならない。

太陽電池・液体水素の精製等取り組まねばならない案件が山済みだ。
こういう問題こそロケット噴射の如く実現して頂きたい。


最後に産業構造の転換だ。
輸出製造業は遅かれ早かれ、自動化が極端に進むだろう。
派遣労働者さえも要らなくなる産業だ。
そうしなければ円高の進行で競争力が失われてしまう。
自動車もインドのメーカーが売り出している30万円が落ち着き所となるに相違ない。

資本余力のある輸出産業に国内向けの、例えば介護ビジネスであるとか色々助成金を出すべきではなかろうか。
グッドウィルのような資本の無い所がやるからああいう不始末が起きる。
出来る事と出来ない事の行政判断がひつようだ。
資本の或るところがれば、又違ってくるのではないか。
そういう風にも感じる。

何の法案を通すにしても解散総選挙しかない。
景気だ雇用だと屁理屈をつけて、延ばせば延ばす程、悪化の一途だ。
1月5日の冒頭解散を望む。


願わくば、来年はよき年にして頂きたいものだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
政策課題
ここでは過去記事を政策課題についてリンクする。 過去であるからと言っても、未だに新しい課題の多いのに気付かされる。 麻生・小沢両氏による政策課題実現に向けて努力して頂きたいものだ。 ...続きを見る
よく考えよう
2008/12/25 00:56
太陽電池の効率を150%にする意外な方法
環境問題やバイオ、宇宙開発はこれから主要な産業になっていくといわれていますね。... ...続きを見る
暇人短剣符
2009/02/26 00:39

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
雇用をどうやって作るか よく考えよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる