よく考えよう

アクセスカウンタ

zoom RSS 最後の津波がやってくる

<<   作成日時 : 2008/12/28 11:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 9

想えば今年は津波の連続だった。

サブプライム問題で行き場を失った資金が商品市場に流れ込み、原油・穀物高を招いた。
多くのガソリン店、養鶏・豚農家も濁流に呑込まれ廃業した人も多いのではと思う。

今朝の日経1面トップで食品・日用品メーカー値下げへとある。
これは1見、消費者にとって良いことのように見える。

紙面をよく読めば、値下げではなくて販売促進費を積みましてメーカーは対応すると言う。
詰り、メーカー希望小売価格は変わらず、小売店に対する値引きで対応するという訳だ。
積み増し額は4%程と言う。

スーパーにチラシが入っている特価商品と言うのはメーカーの販促費で嵩上げしているからできる。
今春、余裕の無くなったメーカーは値上げに踏切った。
値上げされた商品は売れない。

少し円高や世界不況で原材料が下がった事が原因で販促費を積増す余裕が出て来たのかも知れない。
この4%で3割下げると言うのが味噌だ。

詰り、メーカーに力関係の強い全国チェーンのみに配分される4%に他ならない。

唯でさえあった大手と中小の仕入れ格差。
これが2〜3割広がるという訳だ。

これは全国津々浦々の中小小売店にとっては大津波に他ならない。
仕入れ値より遥かに安い値段で常時小売をされる訳だ。

市場原理とは言え、冷酷な弱者切りの大津波に他ならない。
今年は派遣切りという弱者虐めがあったが、来年は中小小売店がその波に呑込まれそうだ。
その分、大手食品・日用品メーカーの寡占化が進み、中小メーカーも藻屑と消えてしまいかねない。

労働できる場所が、益々縮まってきている。
只、高級を取っているといわれる官僚はこれに対して何ができるのか問われる。
来春に掛け、大津波になりそうだ。

これに対して官は何をするのだろうか。
被災者に明日にもなろうとしている人達は無数に居る。

中小業者が集うネットワーク作りこそ求められるものだろう。
インターネットが普及した今日、ネットワークのインフラは直にでもできるだろう。
それが動く組織とする所に難しさもあり、役割があると考える。

シャッター商店街を蘇らせるのは難しい。
そういう困難さを乗越える事を官は求められている。

沈もうとしている人達を救えるのか。

今こそ政・官の力が問われている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
政策課題
ここでは過去記事を政策課題についてリンクする。 過去であるからと言っても、未だに新しい課題の多いのに気付かされる。 麻生・小沢両氏による政策課題実現に向けて努力して頂きたいものだ。 ...続きを見る
よく考えよう
2008/12/28 11:38
ガザ戦争 序章「イスラエルの最終戦争」
  ||| イスラエルの最終戦争 ||| イスラエルのガザ空爆は、中東の全面戦争にエスカレートするのか? オルメルトとブッシュ、両タカ派政権の最後の犠牲になったガザ市民 ...続きを見る
米流時評
2008/12/30 23:13
ガザ空爆エスカレート 死者364 負傷者1400以上
  ||| イスラエルのガザ空爆エスカレート ||| イスラエルのガザ空爆エスカレート、2日間で300発以上の無差別爆撃 ガザに空前の被害、生命線のトンネル爆破。死者364負傷者1400以上 ...続きを見る
米流時評
2008/12/31 19:54

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
安い情報に敏感で、ざぁーと流れる、主婦層を中心とした購入者には、罪のないことですが、流通・小売り業界まで大津波が。。ブログを読むまでわからなく、はっとした想いです。小売り店主こそ自民の硬い支持基盤であり続けたわけだけど。。うむー。
さとし君
2008/12/28 20:08
さとし君ようこそ。
今は派遣労働者ですが、もっともっと多くの人達が彷徨いの中に漂います。それを多くの人達に知って頂きたいものです。
Hbar
2008/12/28 20:44
夏から秋にかけての原油高が今はうそのようです。ガソリンの値段も単価100円ほどです。
このせいで廃業したスタンドも多いでしょうね。富裕者層のマネーゲームに翻弄される経済…、なんとかならないものでしょうか
GAKU
2008/12/28 23:57
?????
 いまだに、政治や行政がすくいの神になれるのかな〜?むしろ、かれらは、突き落としてきた悪魔だった。
 もっといえば、救うだけの価値がある人たちだろうか?この状況は、自然淘汰なのかもしれない。
罵愚
2008/12/29 06:34
GAKUさんようこそ。
富裕層のマネーゲームではないのですよ。本当の中小切りなんですよ。怖いですよ。
罵愚さんようこそ。
自然淘汰かも知れません。しかし、淘汰された後は屍だらけであり、勝ち残っても花は咲かないでしょう。
それと、自営の為に民間でネットワーク構築をして自衛してしまえば、行政府は要らなくなってしまいます。彼等の自らの自衛でもあるんです。それの分らない行政府は淘汰されねばなりませんが、無政府を乗越える困難はもう1つ困苦でしょう。
Hbar
2008/12/29 09:16
 そうかなぁ〜?すでに淘汰は、とりかえしがつかない程度にまですすんでいる。犯人は政治と官僚機構だということも判明している。それでもなお、かれらに救いを期待するのは、殺人鬼に救急車の運転をさせるようなものじゃぁないのかな〜?
 わたしは、戦後民主主義の政治体制を、一回ぶち壊してしまわなければ、救いようがないとおもいます。
罵愚
2008/12/29 16:26
明治維新や敗戦のような事態を想定してお出でですか。2回共に、大きなコストを伴い、その上今の弊害の大元である教育制度を作ったのも責任を取れない下級藩士であったし、それにより育まれた官僚によるものだった訳です。
やはり、責任を持てる立場の人達が多くの衆知を集める事こそ痛みが少ないのでは無いでしょうか。
明治維新や敗戦に範を求めれば小泉改革所じゃない想像を絶する痛みが伴いますからね。
Hbar
2008/12/29 19:21
 「明治維新や敗戦のような事態」と「責任を持てる立場の人達が多くの衆知を集める」のと、どこがちがうのですか?表現に罵倒語を使うか、修飾詞をかぶせるかのちがいだけで、具体的な実態は見えませんが、
罵愚
2008/12/30 04:26
明治維新や敗戦であれば、リーマンズブラザーズであり、山一・長銀・拓銀・興銀のような状況が社会全域に及びましたし、そこから立上ったのが日本人でもあります。一方、最近の米国でのAIGやGMに対しようはそれを回避しています。既得権益も含めて殆どの弱者が乞食になって良いのであれば、明治維新や敗戦のような選択も有り得るでしょうが、失うものが多過ぎる人々が出すぎます。それで理想政治に変るなら良いのですが、やはり権力を握るのは狡賢くなければ駄目なので、期待できません。
Hbar
2008/12/30 09:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
最後の津波がやってくる よく考えよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる