よく考えよう

アクセスカウンタ

zoom RSS 来年への夢を乗せて

<<   作成日時 : 2008/12/29 10:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

今朝の、日経1面トップは自動車業界のリチウムイオン電池製造ラインの増強と言うニュースが踊った。

中でも三菱電機の電気自動車法人向け発売と言うのが目を引く。
1回の充電で160km出せ、最高時速は130km/hであるから速度制限を守れば実用性十分だ。

3円/1kmと燃費も安い。
おまけに深夜料金で充電すれば1円/1kmと言うから夢のような話ではある。
現在一番低燃費なのは本田のインサイトが36km/lであるから、深夜料金であれば無茶安い。
年間2〜3千台の売行きを見込んで、250万円の価格設定をしているようだが、もっと突っ込んだら良いのでは。
欧米の自動車メーカーが挙って政府の資金を当てにしているのに対して、日本の自動車産業は自力で明日の為に切開こうとしている。

麻生総理は無茶苦茶なはずなんだが。

同じ1面の左では支持21%、不支持73%の文字が躍っている。
民間が元気なのは、販売不振に陥れば、生産削減・リストラと身を削るからであるが、麻生内閣は折角の公務員制度改革を骨抜きにして、2度の渡りまで公務員に補償している。

身を削る事せずして、3年後には消費税増税だとしか言えないのだから、不支持が増えて当然だ。
麻生太郎内閣総理大臣閣下、貴方は人間なのでしょう。
自身が有利になるかならないかの見極めのつかない帝王学しか学んでこなかったのでしょうね。
そういう総理・身勝手な官僚は要らない

日経新聞を数枚捲っていると、宇宙ビジネスが来年には本格化するようだ。
民間企業が宇宙を使って新しい価値創造へのチャレンジが出来だすという事だ。
日本は世界に冠たるナノ・バイオ・オプトテクノロジー大国だ。
これらの技術が実用化されるのも遠い将来ではない。
これらの技術が宇宙と融合するとどんな力を発揮してくれるかワクワクする。

来年を元年として大きく夢が羽ばたくに違いない。


しかし、この恩恵を享受できるのは高学歴者のみであろう。

人の働く場所はますます狭くなるように思う。


その働き方に責任を持つのが行政の役割ではなかろうか。

この働き方に対する未来はあるのだろうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
マーケット事情
水は高きより低きに流れる。 金の流れに伴う物流等、様々な流れは自ずと定められた方向へと流れる。 自らの意思とは関係なく、夫々が夫々のポテンシャルの影響を及ぼしながら流れ行く。 雅に、無住の世界そのものの過去記事を以下に連ねる。 ...続きを見る
よく考えよう
2008/12/29 10:29

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
世の中どんどん変わってきますから・・
今はこんな状態でもまた明るい未来はあるのやらしれませんが・・
今までの価値観にとらわれることなく、
思い切った政治やってもらいたいものです
そんなこと望むほうが無理かな〜(笑)
風子
2008/12/29 17:10
風子ちゃんいらっしゃい。
出来ないものは消え去るのみです。消え去らないよう頑張りましょう。
Hbar
2008/12/29 19:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
来年への夢を乗せて よく考えよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる