よく考えよう

アクセスカウンタ

zoom RSS 行く年

<<   作成日時 : 2008/12/30 22:52   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

行く年である今年は、色々な事が多かった。
1番印象に残り、我国に最大の悪影響を与えたのは麻生首相の解散先送りだろう。

前に1歩踏み出せない事がどれだけ様々な事に影響を与えたか。米国の来年への希望を抱かせる雰囲気とは大違いだ。
5日から国会が召集されると言うが、捩れはどうにもならず、最悪の解散場面が待ち受けるだろう。

色々あった。
良い事も、北京オリンピックやノーベル賞受賞と言う輝かしい事も多かった。

しかし、頭を過るのは悪い事が多いのは私1人ではなかろう。
最大の衝撃は秋葉原の無差別殺傷事件だ。
この年の瀬を予言するが如く、派遣の首切りを苦にしたのが引金になっている。
他にも無差別殺人事件が多かった。

トゥレット障害と言う病を知ったのも今年であった。
突然にして、人格の変る障害だ。
普通に暮らしていて、何等かの引金によって人格変異が起きるという厄介な障害だ。
この障害も発達障害の中に入っている。
ADHDが可也の高確率で発症し、自閉症も1割位の確立で併発するようだ。

多くの無差別殺人事件の裏側にはこういった障害が隠れているのではないか。
トゥレット障害者は発達障害とは切離して、その人の環境に配慮すべきだろうと考える。
発達障害者と一括りにされたら、他の障害者まで白い目で見られる。
行政怠慢と言う他無い。

内外で起きた地震も酷かった。
特に、四川大震災は中国を揺るがした。
折しも、オリンピック直前の中国を襲った地震は死者が10万人を切る程の被害には魂げます。
これも胡錦涛と温家宝両首脳の人災であるとの噂もちらほら。

宮城内陸地震は人口の少ない所で良かったと言うほど酷い地震だった。


もう1つ目だったのは心の醜さ。
これは年々酷くなっていくように思われる。
官僚のずぼらさ、居酒屋タクシー・社会保険庁の年金未記録等数え様も無い。

お上がそうだから、民間の食品偽装も昨年に引続いて起きた。


この心の醜さは教育制度の問題と考えるが、当の文科省は教科書の厚みを増やせとまるで見当違いの事しか言えない。

朝青流の問題もあったね。


結果、政治が変らないと何も変らないのだと感じる。


麻生総理、5日に招集したらその足で解散をすると良いですよ。


人身の乱れを正すには、先ずは政治からだ。

最後になったがリーマンショックも日本を直撃したね。
麻生さんはそれを口実に取っているけれども、全く口実にはならない。

心が爽やかに成り、全ての日本人が前向きに成れば全ては解決するんですよ。

汚泥の中に居れば、綺麗な心まで濁ってくると言うもんだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
政情を想う
一時たりとも休もうとしない政治情勢に想いを馳せる過去記事を以下に載せる。 ...続きを見る
よく考えよう
2008/12/30 22:57

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
行く年 よく考えよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる