よく考えよう

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本一丸とならねば

<<   作成日時 : 2009/01/10 20:40   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

NHK午後7時のニュースで、日本電算が賃金カットに踏切るという話に驚いた。

日本電産は日本が誇る世界トップシェアを誇る小型モーターを作る会社だ。
赤字転落を前にカリスマ永守社長の決断だ。

日本の稼ぎ頭の決断は早い。
トヨタ・パナソニックは決定済みの設備投資計画を変更している。

稼がない行政とは大違いだ。
金融も行政に右へ習えで全く持ってどうしようもない。

日本は資源を輸入に頼る他無く、輸入資金確保の為に輸出製造業はコスト削減に明け暮れている。
誰だったか忘れたが(思い出したくないだけ)、社内留保益で派遣切りを止めて欲しいと言った人が居た。
正直言って、それを言う人は自身の支給される給与の1部を返納して欲しいものだ。

世界1になってみろと言いたい。
その道程は壁は高く遠いはずだ。
そういう道を社員と一丸となって日本を支えてくれている企業が赤字に転落すると言って給与カットすると言う。
定額給付金等、お話にならない。

それを堂々と受取ると言う大臣(何時も失言している)も好い加減なものだ。
天下りなんかボランティアでやれば良いではないか。
事務次官経験者が大層な退職金を貰い、年金も確保されながら渡歩いている。
渡辺善美前行革相でなくともブチ切れる。

それを政府幹部はいけしゃあしゃあと色々仰る。
永守社長が仰るなら話も分る。
何しろ世界一にしたお人なんだから。
言ってみればイチローだ。

これ以上格好の良い人は居ない程だから、以外に早い決断で賃金カットに踏み切るようだ。


意気に感じるべきだろう。

麻生総理は定額給付金を受取る云々で言葉を濁している。
永守社長の決断を思えば、政治家といて入る給与を全額返納しても良いのでは無いか。
麻生総理は自社株の配当だけでも結構な金額を受取っているはずだ。
それで定額給付金云々と言うのはマンガオタクの延長線上でしかないと受け止める人は多いだろう。

永守社長のような気持になれば100年に1度位の不況は屁でもないだろう。
それは永守社長お1人でないからだ。
多くの稼ぐ方々は真剣に考え、体を張って対処していると思う。


兎に角、行政・金融が永守社長のスピリッツを見習えば日本が世界をリードしていける時代なのかもしれない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
政策課題
ここでは過去記事を政策課題についてリンクする。 過去であるからと言っても、未だに新しい課題の多いのに気付かされる。 麻生・小沢両氏による政策課題実現に向けて努力して頂きたいものだ。 ...続きを見る
よく考えよう
2009/01/10 20:56

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本一丸とならねば よく考えよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる