よく考えよう

アクセスカウンタ

zoom RSS 麻生総理は不況下のトップメーカーを見習え

<<   作成日時 : 2009/01/15 11:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

日経13面の会社研究に花王が紹介されている。

大ヒット不在でも利益維持していると言うから驚きだ。
花王製品は高いと言うのが筆者の感想だ。
あのトップ等は無印商品では200円を切っている同タイプの洗剤の中で3倍の価格で売られている。

麻生総理に言わすれば「100年に1度」の経済危機下だ。
消費者は高いものから安いものへと商品選択をシフトさせているはずだ。
あのユニクロが伸びて百貨店が販売不振が深刻化する中での利益維持だ。

証券会社のアナリストに言わせれば2010年3月期は最高益を記録するとの分析だ。
この背景には好景気時に培ってきた販売部隊が底力を発揮しているようだ。

大手日用品の中で唯一の卸を介さず、直接取引きする強みがここへ来て出てきているようだ。

このブログでは何回も紹介している3方皆良しを実現しているようだ。
自身は徹底したコスト削減、小売店には利益還元、末端消費者には手に取り易さと言う事のようだ。

麻生総理も官僚に丸投げせずに国民目線に立って、政策立案すれば支持率回復できるだろう。
麻生内閣の政策は何処を切出してみても官僚色ぷんぷんだ。
自身でビジョンを持てず、器用さだけで乗切ろうと言うのは虫が良すぎる。

来るはずが無い政権で、準備が全く出来ていなかったのだろう。

これで準備していたのならば、まるで天才バカボンだ。

漫画のバカボンは大したものだが、、馬鹿凡では頂けない。

見習うべきお手本があるのだから少しは見習って欲しい。


いまの現状、3方で良いのは官僚だけでないの。

それもこれだけ叩かれれば良い訳は無いな。


3方皆損の政策は好い加減にせねば。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
利権政党としての自民党終焉させた麻生総理
麻生総理が解散を先送りしてきてから随分警鈴は鳴らしたつもりだ。 ...続きを見る
よく考えよう
2009/01/15 11:22

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
麻生総理は不況下のトップメーカーを見習え よく考えよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる