よく考えよう

アクセスカウンタ

zoom RSS 輸出企業が儲かる経済構造にしなければ駄目だ

<<   作成日時 : 2009/01/17 11:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

この所、ついこの間まで儲け頭の筆頭と思われていた輸出関連企業の赤字発表が続いている。
それにしても酷い。
資源の無い日本を支えてきた輸出企業が赤字になるのは政治の拙さ以外の何ものでもない。

米国の消費落ち込みは仕方が無い。
これだけは他国の事情であるから我が日本政府がどうこうできるものでは無い。

問題は円高による収益の激減だ。
貿易黒字を繰返していれば円高になるのは当然ではないか。
政策当局の言は、円高は輸出企業に響くから駄目だと言い、マスメディアもそう言う風に言っている。
国民は皆が言っているから、そんなもんだと思ってしまう。

儲からないから派遣切りに繋がると余剰利益があるとかないとか非難される。
こんな事では法人税の高い国家での営業は誰でも見合わせる。

日本で営業するのはコストが掛る。
最大のコストは官公庁及び金融に経費が掛り過ぎる。
今回の円高でも国内関係の価格は米国から見れば、90円のものが120円になっている。
国内的に見れば、何も変っていないようだが全ての値打ちが海外から見れば上がっているという訳だ。

政治家に支払われている直接費だけで年間約6,400万円の税金も同様だ。
公務員の給与も殆ど海外からの稼ぎに繋がっていない。
詰り、海外から稼いでくれている輸出企業だけ虐められ、その恩恵を受ける国内部門は文句を言っている。

この構図を変える事こそ国家の役目では無いか。
今日の日経で国産豚肉枝肉価格が360円/sなのだが、スーパーでは千円以上で売られている。
無論、加工賃は必要だろうが余りに流通コストが掛りすぎる。
当然、途中で働いている労働者の賃金にもなっているのだろうが、一寸大きすぎるのではないか。

円高が小売に反映しないのはこういう事情によるものだろう。
一昨日の記事で麻生総理に変額を求めたが、総理が規範を示し円高が末端に行き渡るようにすれば良い。
そうすれば、国内物価が下がるのだから輸出企業も人件費カットができるというものだ。

その為に最も肝要なのが政治資金・行政・金融における実質賃金を実質成長率にリンクさせねばならない。
公務員制度が悪くなっているのも「富裕は春夏の如く、志を蕩せし」めた結果と戒めねばならない。
政治家も然りだ。

麻生総理の感覚等最たるものだ。


輸出製造業が日本を支えている事を忘れてはならない。


輸出製造業が棲み良い日本にしなければならない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
マーケット事情
水は高きより低きに流れる。 金の流れに伴う物流等、様々な流れは自ずと定められた方向へと流れる。 自らの意思とは関係なく、夫々が夫々のポテンシャルの影響を及ぼしながら流れ行く。 雅に、無住の世界そのものの過去記事を以下に連ねる。 ...続きを見る
よく考えよう
2009/01/17 11:16

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 おはようございます。
輸出産業に頼らざるを負えない全ての元凶は、無駄使い・使い道、少子化の問題だと思います。国内需要は、環境分野・エネルギー分野・福祉関連分野に求めようとしていますが、どれだけ生活基盤を維持・従事し、裾野を広げられるか疑問を抱いております。
農産物なのでも、米・果実等々、国が強いバックアップや支援を行うべきかと思います。
富士山
2009/01/18 06:27
富士山さんおはよう御座います。
資源の少ない日本において輸入は欠かせません。詰り、貿易赤字が続きすぎると必要な鉱物資源が賄えなくなる訳です。どうしても、輸出製造業には日本国内で頑張って貰わなければなりません。雇用は生産ラインの更なる自動化が進むでしょうから、他の産業分野が担わねばなりません。例えば、介護職に高い賃金を支給できる仕組等ですね。農業の法人化も進めるべきでしょうね。何より、輸入会社の頑張りが必要でしょう。
Hbar
2009/01/18 09:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
輸出企業が儲かる経済構造にしなければ駄目だ よく考えよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる