よく考えよう

アクセスカウンタ

zoom RSS 多くの屍を乗越えて

<<   作成日時 : 2009/01/17 11:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 3 / コメント 2

我々は日本人として誇りを持ち、幸せを感じ取らねばならない。

後一息、政治が総仕上げをすれば良いのだが他国の惨状を見て箍が緩んでしまっているのは残念だ。

3日後に就任式を控えたオバマの国米国では、今朝の日経1面トップで紹介されている金融危機は惨憺たるものだ。
イスラエルのパレスチナハマスとの凄惨な戦いは死者を千人を越してやむ気配さえ感じられない。

中国の実質失業率は9.1%と日経6面で報道された。
日本は4%を下回っている。
日本の失業率が9.1%になっていたらどういう状況になっているか考えるだけで空恐ろしい。

地球上の日本を除く国々は多くが生みの苦しみを味わっている。
米国も未だ建国から230年を少し過ぎたばかりだ。
今回、初の黒人大統領が誕生して歴史の1ページが刻まれるほやほやではある。

イスラエルは建国して未だ60年、パレスチナにとってよそ者のユダヤ人が勝手に独立宣言を行っての泡立ちに他ならない。
世界各国は貧困に満ち溢れ、それでも物理的に狭くなった状況はテロの温床と化している。

日本はソマリアの海賊に対して海上自衛隊が発砲するとかしないとかと言う議論が出るようなお目出たい国家だ。
それだけ裕福だと言う事だ。

日本にしても最初からそうではなかった。
天皇家がスタートしたのは1500年前の天武天皇からなのだが、決して平らな道程ではなかった。
鎌倉時代には京で人肉を食べる卒塔婆小町が居た事は何回も紹介している。

貧困と殺戮の国が徳川家康によって幕藩体制が敷かれ、平和国家が実現出来たのは400年程前にしか過ぎない。
昨年の大河ドラマ「篤姫」で幕藩体制の崩壊が紹介されたが、その基は打ち続く天災飢饉による困窮者の多さが押し潰した歴史的現実でもあった。

明治は今年の秋から始まる大河ドラマ「坂の上の雲」で紹介されるが如く駆け上った40年でもあった。
北海道の釧路原野には掘り返せばまたまだ白骨が出てくるという。
日本を造る為に屍となった政治犯の白骨だ。
丁度、中国がこれを超えて、日本の高度成長期前夜なのだろう。

この平和豊かさはこのの上に築かれたものと知らねばならない。


我々はこの日本を創った祖先の屍に感謝をしなければならない。


感謝あって、又、我々の明日が来る事を信じ、次の世代へもっと良い時代と祖先の恩を繋いでいこうではないか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
政策課題
ここでは過去記事を政策課題についてリンクする。 過去であるからと言っても、未だに新しい課題の多いのに気付かされる。 麻生・小沢両氏による政策課題実現に向けて努力して頂きたいものだ。 ...続きを見る
よく考えよう
2009/01/17 12:01
イスラエル・ガザ戦争 一時停戦
イスラエル・ガザ戦争 イスラエルが一方的に停戦を表明。それに続いて、イスラム原理 ...続きを見る
本質
2009/01/18 22:55
イスラエル軍ガザの国連本部を爆撃、支援物資全焼
  ||| イスラエル、国連のガザ本部を爆撃 |||   イスラエル軍ガザの国連支部を爆撃、ガザ市民への食糧・支援物資を全焼   幼児含め6名死亡。エジプトとの国境ラファーの国連学校へ白リン弾投下 ...続きを見る
米流時評
2009/01/19 16:59

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 おはようございます。
「国を想い・親を想い・他国を想い・隣人を愛する」教育を見直しの必要性を認識する事が、先ず、先決問題かもしれません。
こんなに目出度い議論が闘わせること事態が思想の狂いです。
国際から見放されて初めて気づく、恥ずべき日本に成り下がったようです。
富士山
2009/01/18 06:40
富士山さんおはよう御座います。
日本は恥ずべき国家ではありません。寧ろ胸を張り堂々と様々なソフトを世界各国に輸出すべきでしょう。こういう国家を創って下さった先達に鎮魂し、感謝したいものです。
Hbar
2009/01/18 09:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
多くの屍を乗越えて よく考えよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる