よく考えよう

アクセスカウンタ

zoom RSS 消費税増税容認は官僚の癌細胞化を推進めるだけ

<<   作成日時 : 2009/01/22 21:52   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 1 / コメント 0

政治の基本はリンカーンの言った如く「人民の人民による人民のための政治」に他ならない。
オバマがあの広い合衆国から250万人の人々が押しかけたのでも分る。

60年前にはオバマの父親はレストランに入れなかったと言う。
人種差別の為せる業なのだが、それが社会と言うものに他ならない。

今、麻生総理は定額給付金と11年度の消費税増税を言い募っている。
ほんの僅かな飴を舐らせ、本命の癌細胞としての官僚組織維持を担保させる為の議論と言うのは1目瞭然だ。


民間企業であれば、赤字になればリストラに踏切らざるを得ない。
今日もソニーが赤字転落して、退職希望者を募ると言う話がニュースで流れた。

官僚は仕事でないものを仕事と称して給与を貪っている。
天下りのみならず、渡りさえも堂々と、国会を通過した公務員制度改革を無視して行おうとしている。
日本では「官僚の官僚による官僚の為の政治」なのか。
それを口をいがめて麻生総理は懸命に死守する。

消費税を上げないと国体が保てないと言いたいのだろうかと聞えてしまう。
今日のソニーの状況を始めとする輸出製造業に負んぶに抱っこが今の金融と行政の姿だ。

多分、米国は円高になると、日本の輸出製造業は立ち行かなくなる、少なくとも対日赤字が減ると踏んでいた。
所がそこで、日本の製造業が奇跡を起した。
普通、360円で売っていたものが120円でしか売れないとなると、成立たないのが常識だ。
その常識を破ったのがソニー・パナソニック・トヨタ・本田等の製造輸出業だ。

行政や金融は日本人ではないのかと言いたい。
メカトロニクスの創生と言う現象はあったけれども、それも危機を乗越えるべく生出したものではないのか。
危機において金融や行政は増税しか言えないのか。
それでも日本男子かと言いたい。

消費税は上げるべきではない。
行政は冷静になって自身が国民の税で養われている存在と目を覚まして頂きたい。
何故、社会保険庁の数えるのも嫌になる位の様々な不祥事に繋がったのかよく自身の姿を見詰直して欲しい。

1種試験に合格した国家公務員の方々は馬鹿では無いはずと思う。
今回、もし消費税を上げて現在の財政赤字を解消したとしよう。
何年かすれば同じ状況が起きると考えるが如何。

製造輸出業はどうやって今の地位を獲得したかよく考えれば良い。
それと同じ努力は、ある意味真似に過ぎないのだが、それも出来ない人々が1種合格者なのだろうか。


人として、もっと堂々とやって頂きたいものだ。

言うなれば、エリートに違いないのだから。
1種合格者よりも下のレベルの人々が円高に苦しんでいる姿に何も思わないのだろうか。
消費税を上げないのが官僚の皆さんの為だと考える。
楽をしなさんな。

折角、良い頭を持っているのだから、それを思い切って使って頂きたいものだ。


先ずは働き易い職場を作る事が1番だ。


公務員制度改革は官僚の皆さんがいきいきと働ける機会になると考える。


全ての日本国民が幸せになるべく行政挙げて取組んで頂きたい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
イスラエルの戦争犯罪・白リン弾投下で国連が弾劾捜査へ
   ||| ガザ休戦とイスラエルの戦争犯罪 ||| ガザ地区へのイスラエル軍 白リン弾使用で、国連人権委員会が戦争犯罪捜査へ イスラエル軍侵攻によるガザ資産損失推定額20億ドル、想像を絶する人的被害 ...続きを見る
米流時評
2009/01/24 17:40

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
消費税増税容認は官僚の癌細胞化を推進めるだけ よく考えよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる