よく考えよう

アクセスカウンタ

zoom RSS 麻生内閣は国力を弱める為に存在するのか

<<   作成日時 : 2009/01/04 21:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

日本の弱点は麻生総理が政権を握って離さない事に尽きる。

ご本人は、明日からの始動を前にして、書初めまで披露する始末で手のつけようが無い。

日本の国力は凄いと言っても過言では無い。
円高はまだまだ加速するであろう。
しかし、一時的な風邪引きに似た現象だが麻生太郎首相が政権にしがみ付くのだけは頂けない。
何よりのウィルスは、麻生総理の国民へのご機嫌取りを目的とする予算の無駄遣いだ。

国民に信を問わない政権は百害あって1利無しだ。
政治家は国民を代表するものでなければならない。
麻生総理は3代前の小泉純一郎元総理の信任を基盤に政権にしがみ付いている。
公明党も良い迷惑かも知れない。

与党と言っていた手前、創価学会利信者に対して方向転換のしようが無いのかも知れない。
支持基盤が磐石なのも考えものではある。

日本という国家の強さは大きい割に小さな国土が強み名のかも知れない。
米国・中国・ロシア何れを取っても東西における時差の隔たりは大きい。
日本の場合は明石を基準時と定めれば全国統一できるが、他国ではそうはいかない。

西の端が朝を迎えた頃には、東の橋はもう昼を過ぎていて、国民の感覚的違和感が大きい。
日本の場合は元旦の朝の放送にしても全国一律で楽しめる。

世界は狭くなり、マネーは国境を覚えず取引される。
寝ている間に相場は動き、朝になると価値変動を実感せざるを得ない。

多くの科学技術は日本が先頭を切っているものが多い。
これは軍事産業に力を入れていない証でもある。
研究分野から軍事部門が切離され、政府からの拠出は軍事以外に限られているからだろう。

憲法9条様々だ。

麻生総理に言いたい。
ご自身が解散権をお持ちなのは分る。
しかし、ご自身で主体的に解散できるのは明日で最後であろう。

国会論戦は冒頭から紛糾し、治まらないのは見えている。
麻生総理にとって都合の良い、景気対策でしか無い。
厚労省の講堂を派遣難民の為に解放しなければならなかった事でお分かりのはずだ。

年末資金手当てはしたというが、地銀は国庫資金の受入れを拒否している。
貸倒れになりかねない中小企業への貸し出しを拒否している証拠だ。

おべんちゃら政治は続かない。

折角の国力を食いつぶしているのは麻生総理ご本人に他ならない。

埋蔵金を言い出した安倍政権も、次の福田政権も使わなかった埋蔵金を使果そうとしているのは麻生総理ご本人だ。
国力が充実している日本だが、最後に白蟻の如く食い潰すのは麻生政権なのか。


少しは慮って頂きたいものだ。

ブログ意見集 by Good↑or Bad↓ 失言&方針迷走総理の末路は?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
政情を想う
一時たりとも休もうとしない政治情勢に想いを馳せる過去記事を以下に載せる。 ...続きを見る
よく考えよう
2009/01/04 21:07

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
本当に、この国の行く末が案じられますね・・
解散は4月か5月以後だなんて言われてましたが、もう、待てないですよね
ここまで窮地に陥った経済の建て直しは
どっちにせよ難しいとは思いますが・・
風子
2009/01/04 23:05
風子ちゃんようこそ。
麻生さんは追込まれて解散しなければならなくなるよ。言えば終わりだから、必死で耐えているだけなんだよ。
Hbar
2009/01/05 08:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
麻生内閣は国力を弱める為に存在するのか よく考えよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる