よく考えよう

アクセスカウンタ

zoom RSS 麻生総理は肝が据わって居ない

<<   作成日時 : 2009/02/07 10:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

今朝の日経1面トップで上場会社の日経が赤字を集計すると1兆円を超え、米国の1月失業率は7.6%に悪化したと報道されている。
世界第1、2位の経済大国が揃って大きく落込む中で世界経済全体は大きく影を落している。

旧来自民党政権は高い行政コストを国民に押付けている。
さりとて、寄せ集まりの政党である民主党にその任を担わせるのは少々難しさを覚える。

何にせよこの国は20205年には世界の三極の残りの1極を占める百数十ヶ国の内の1国に過ぎない。
現在の世界第2位の経済大国と言うのは1瞬の出来事にせよこの国の潜在力に驚く。
それも明治維新・敗戦と西欧から見れば驚愕の目を持って迎えられている。
あのニクソンショック及びオイルショックの洗礼を受けて頭を出して来ている。

その輝く栄光を持つ国が歴史に漏れず官僚による高コストに蝕まれて凋落の一途を辿ろうとしている。
ここは麻生総理に任せてはおけない1国民としてこの国の姿をどう変えるべきか論及していきたい。
以下に論点を箇条書する。

国家の基幹
・国家公務員法の見直し
・輸出産業をどう誘導するか
・商社及び流通の整備
・農林漁業に対する取組
・中小零細業に対しての支援のあり方
・国民の最低限の文化を享受する為に
・上記を担保する為の教育制度改革

以上の8点の論議を安上がりで機能的な行政機構の構築を視点に据えて考えていきたい。
現在の麻生内閣自民党政権では何も為しえないと考える。

麻生総理は肝が据わって居ないのだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
国の形を考える
もう自民党政権の事を書く事も無い。 ...続きを見る
よく考えよう
2009/02/07 10:50

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
麻生総理は肝が据わって居ない よく考えよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる