よく考えよう

アクセスカウンタ

zoom RSS NYダウ暴落最終章へ

<<   作成日時 : 2009/02/28 13:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

オバマ政権が発足して1月余、就任祝賀気分を吹飛ばすようにNYダウは2月11.7%の下落となった。
今朝の下げも100ドル強であったが、下げ渋っている事には変わりない。
下げ圧力のマグマは吐き出してしまうまで終らないのか相場と言うものだ。

先日、300ドル近く下げる前の数日間もじり安が続いていた。
この数日の値動きは反騰への足掛りではなく、暴落への足音のような気がする。
今朝の日経1面を見ても、冒頭に「米政府 シティ株36%保有」とあり、下段には「米GDP6.2%減」と実に27年ぶりの落込みと言う事だ。


これに加えてAIGやGMの問題を考えるとNYダウは6千ドル前後まで落込んでも可笑しくは無い。
今回の米国景気は97年前の「暗黒の木曜日」の再来とも言えるだろう。
当時の大統領がルーズベルトに対してオバマに変わったに過ぎない。

オバマにとって長く苦しい政権運営を強いられるだろう。
しかし、国民はオバマに全てを委ね頼りにし続けるに違いない。
4年後の大統領選挙もオバマ続投になると信じる。


3月にNYダウは6千ドル前後で底を打つと考える。
底を打てば反転すると言うものではない。
相場の格言に「上げ3日に下げ100日」と良く言われる。

病と一緒なのだ。
病因は根絶しても体力が回復するのに結構な日数が掛るというのが常識だ。
米国民は長く辛い時間を過すだろう。


1日も早い解散総選挙を願う。
オバマを助けたくても、民意に基く政権樹立が無い限り共同作業は有得ない。
オバマも民意に基かない政権は信用もしないだろう。


今こそ日本の底力を役立てる絶好の機会なのだが、政権にしがみ付き爪を噛む麻生総理では何も出来ない。
昨日も武部元幹事長が言っていたが、自民党内に潮流ができる事を望む。
本格政権を造り、抜本的公務員制度改革を期待したい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
マーケット事情
水は高きより低きに流れる。 金の流れに伴う物流等、様々な流れは自ずと定められた方向へと流れる。 自らの意思とは関係なく、夫々が夫々のポテンシャルの影響を及ぼしながら流れ行く。 雅に、無住の世界そのものの過去記事を以下に連ねる。 ...続きを見る
よく考えよう
2009/02/28 13:58

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
NYダウ暴落最終章へ よく考えよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる