よく考えよう

アクセスカウンタ

zoom RSS 中国は全人代で成長率8%と言うが

<<   作成日時 : 2009/03/07 10:17   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

日本の株式市況は中国銘柄が買われている。

確かに、リーマンショック後逸早く、大規模経済対策を打出している。
又、今回の全人代でも8%の経済成長目標を打出している。

しかし、中国の現状は明治の日本と様相が著しく相同しているように思う。
今朝のニュースでも共産国ならではの大型合併で世界一のメーカーにしていく姿も明治と似通う。
20年前の天安門事件や昨年の餃子・粉ミルクの食品問題、急激な工業化による汚染問題等だ。
中国政府は農村部での内需拡大を大きく充てこんでいるように見える。

多分、戦後の日本復興モデルにダブらせて中国経済を上向かせようとしているのだろう。
現在の中国は明らかに日本の高度成長期と事情が異なる。
1人ッ子政策の影響だ。

日本の場合、戦後のベビーブームで団塊の世代が生れた。
その世代が金の卵となって上野駅に降り立つ頃に東京オリンピック前夜だったのだ。
農村に若者が溢れ、押し出されるように都会へ出てきた。

鶏小屋と酷評されたが、都会では団地が建設され、都会へ出てきた若者を収容した。
そこへ3Cブームが起きたのだ。
残念ながら、現在の中国では農村部に若者は少なく、人口移動の余地が少ない。

出稼ぎ以上に出て行くと、そこは現在の日本が抱える高齢化した過疎地しか残らなくなる。
必然的に地方の疲弊化が日本とは比較にならない速度で進むと考える。
それと、45年前には人手集約産業も自動化が進み、本格的人口移動へと繋がらないのが現状だ。

そう言う中で、失業者の溢れた都会ではスラム化が進み、昨年四川大地震に見舞われた地域は復興の目処さえ立っていない。
しかし、2025年には中国の世界に占める人口比率が1/4になると言う。
この国を放置した世界は考えられないのだ。

日本には優れた技術を持つ多くの人々が現在しょくを失っている。
政治空白の為に何も出来ない状態が続いているが、民意に適う政権樹立の暁には日本の力は大きく役立つだろう。
日本人は日本でと言うのは時代錯誤だ。
日本人は世界に貢献して、真に憲法第9条の精神を世界に広めるべく役立たねばならない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
マーケット事情
水は高きより低きに流れる。 金の流れに伴う物流等、様々な流れは自ずと定められた方向へと流れる。 自らの意思とは関係なく、夫々が夫々のポテンシャルの影響を及ぼしながら流れ行く。 雅に、無住の世界そのものの過去記事を以下に連ねる。 ...続きを見る
よく考えよう
2009/03/07 10:19

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
中国は全人代で成長率8%と言うが よく考えよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる